姫沙羅(ヒメシャラ)の白い花

2017年6月21日

   今日は梅雨入りしたのか、一日中の雨降るジメジメした鬱陶しい一日でした。
   文庫の庭に姫沙羅(ヒメシャラ)の木が何本かあります。この木は、文化勲章を受賞された日本画家の秋野不矩画伯が一滴文庫の庭に植樹された木だそうです。白い花をたくさん咲かせていたので写して来ました。水上勉作『古河力作の生涯』は雑誌「太陽」に連載されたのですが、その挿絵を秋野不矩画伯が手掛けています。この沙羅の木の幹はツルツルで、日焼けして皮がむけた様な状態です。来館時には探して見て下さい。(T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です