せん定

2017年5月22日

 何事も過ぎるのはよくありません。緑がきれいねと褒めていただいても、文庫がわからず難儀したでは、どうにもなりません。庭木の剪定が本格化し、駐車場や敷地周りの生垣がすっきりとしてきました。アフロから角刈りといったところでしょうか。竹人形公演まで1ヶ月。お客様を迎える準備も着々と進んでいます。
 庭木の剪定というのは始めだしたら、なかなかやめられないものです。最後はすべて伐採、新しい芽を待つなんこともしばしば。(私ごとですが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です