非常識のすすめ

2016年11月24日

 皆様、今日が何の日かご存知ですか? 実は157年前の本日、ダーウィンの「種の起源」が出版された日なんです。以前、文庫の図書室に収蔵されているか疑問に思って調べたことがあり、なぜか先ほどカレンダーを見ていたら、このときの記憶が蘇ってまいりました。あの時は、図書室に「種の起源」は収蔵されておらず残念な思いをしましたが、その後、別の角度から本棚を眺めていると今西錦司先生(日本霊長類研究の第一人者)の数々の著作物が収蔵されていることを発見。その中には、もちろん「種の起源」に関するものも多数含まれていました。「種の起源」といえば、もちろん『進化論』ですが、当初、進化に関する研究は悪魔の学問を追及することと同義と考えられていたようで、ダーウィンも発表するかしないかで数十年悩んだそうです。なぜ小生がこのような書籍を探し求めていたかというと、過去に水上作品に関連するある個所で疑問が芽吹いたからです。話すと長くなりますので、次の機会に譲りますが、何かに興味をもつとそこからの広がりは果てしないです。欲求の根源は好奇心だと思いますが、皆様、大人(常識人)になることで無くしていませんか? そんなときは、一滴文庫の図書室に一日籠って読書なんかも良い処方箋になってくれるかもですよ。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です