常設展示コーナーの入替

2016年2月25日

    本館展示室中2Fの斎藤真一コーナーが、生沢朗の挿絵原画に入替りました。斎藤真一作品の修復のためです。斎藤真一の絵画は大変人気があり、この作品を目的に遠方から来館されるお客様が多々あるほどで一滴文庫の目玉作品の一つです。それに替わって、今度は水上勉作『野の鈴』(講談社発行月刊「婦人倶楽部」)の挿絵原画と掲載誌を展示しました。挿絵は生沢朗が描いています。生沢朗の挿絵が載っている処には付箋が貼ってありますのでお越しの際にはご覧ください。雑誌のカバーを飾る女性は当時の有名女優で、昨日来館された年配の女性たちから「この女優懐かしいわねー」との言葉を聞くことが出来ました。(T

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です