雨、霰、霙、雪

2016年1月21日

 朝方は霰が降り、午後からは雨や霙が降ってべちゃべちゃの水を多く含んだ雪が庭に積もりました。
 
クリスマスや正月には雪が無かったのに、一月も半ばになってから雪が積もるなんて、私には初めての経験です。本館は、屋根が二段になっているため、水を含んだ重い雪が融けてドン・ドンと落ちる音が聞こえてきました。
朝方、こんな雪降りの中を一組のご夫婦が来館されました。そのご夫婦に帰り際、展示はいかがでしたかと感想を聞くと、『私には興味深く面白かったです。わたしは嫁の奨めで来館しました』と旦那さんが話してくれました。話はつながり、旦那さんの話を聞くところによると旦那さんはどうやら科学者のようでした。『水上勉は作品を、私は論文を書き続けねばならない仕事をしていますが、書いて発表し続けるということはなかなか大変なことで、私は今日初めて水上勉という作家を知りましたが、あれだけの数の本を書き続けるモチベーションとなったものはどういったものだったのか、私は知りたくなりましたよ』と話してくれました。職種は違えど発表しつづける苦悩は皆同じようで、今日は現職の科学者の口から聞くことができ、感激しました。(T

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です