長らくお待たせしております

2015年11月26日

 何とか今号も発刊にこぎ着けることができそうです。ん、何が? という皆様、まだまだですね。そうです、年の瀬ということで一滴通信の発刊予定時期に差し掛かりました。今号も、校正に校正を重ね(いや、構成に構成を重ね……か?)、何とか皆様のお手元にお届けできる内容に仕上がってくれたのではないかと考えておりますが……大抵の場合、発刊後にミスが発覚! まぁ、人間のすることですからと、気が付いてもスル―していただけると助かります。
 小生につきましては編集の他、前号(17号)と前々号(16号)に立て続けに長文を執筆させていただきましたので、今号は休憩。しかし、裏表紙に企画展の広報を掲載、そして一滴通信以外のとある広報誌(新春の一月号に掲載か?)の裏表紙にも拙文を寄稿。結局、休む暇なく駄文を記しています。文章の構成については、あれやこれやと思考しますが、なかなか思うようには筆(キータッチ)が進まないものです。どうやったら一人でも多くの人が目にとめて、時間を割いてくれるのか? 読みだした文章を最後まで読んでくれるのか? なぞは深まるばかりですが、一生かかっても答えが見つかりそうにはありません。毎度のことですが、そんな迷える子羊(いや、午年なので仔馬か)に一言でも結構ですので感想やご意見を寄せていただけますと助かります。いや、本当に!(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です