言葉

2020年11月1日

本日は、遠方からのお客様が多かったように感じます。

そんななかでも、やはり渡辺展を目当てに来館される方々のご意見には、大変ありがたいものを感じてしまします。

とあるお客さまと、お話させていただくと「こんなお言葉を残されていたなんて…淳先生らしいというか、何というか…」と言って、涙ぐまれるなど、昔の淳先生との思い出に浸っておられるご様子でした。

今回、特に多くのお客様のお心に刺さったのが、淳先生直筆の詩(というか言葉ですね)みたいです。こんな風に、皆さま口々に「よかった」と、言ってもらえると、苦労して準備した甲斐があったと思えます。(S)