11月2020

お声をかけていただいた皆さま! ありがとうございます

2020年11月30日

おおい町内にお住いの方は、お気づきのようですが…。

先日発刊されました『広報おおい』12月号に、小生の寄稿文が掲載されていました。内容は、今回の渡辺淳先生の企画展についての広報文なのですが、あんまり紹介じみた文章では面白味がないかと思って、ちょっと通常の紹介文とは異なるテイストにしてみました。すると、昨日は、色々な方から「読んだよ」とか「面白かった」とのご意見を多数いただくことができました。

毎度、拙い文章で申し訳ないのですが、それでも必死に“どうやったら読んでもらえるような内容になるのか”と考えております。人に文章をよんでもらうということは、非常に難しいことです。ここにいると、皆さん一滴に興味があったり、水上勉に興味があったり、渡辺淳に興味があったりとしますので、タイトルを見て小生の文章も読んでもらえます。でも、これが、何の関係もない文章だったら‥‥‥たぶん、読んでこれる人は激減でしょう。難しい問題です。「どうやったら」という考えは、一滴にいる以上、永遠に続いていくんでしょうね。

こりゃ、大変だ。(S)

女心と秋の空、ついでに気温と感染症

2020年11月28日

11月も終わりが近づいてきましたね。思い返せば今月は色々と激動の一月でした。冬並みに寒くなったかと思えば、木枯らしも温風になるほどの陽気となったり、かと思えば気温が冬に向けて急降下したり、秋の行楽シーズンでお客様の数が増えたかと思えば、コロナの波が過去最大級となって再びの自粛ムードとなったりと。本当に、今月に限らず環境に振り回されてばかりの1年だったように思います。残すところ今年もあと一月となりましたが、振り回されてどこかへ飛んでいかないよう、気合を入れ直してしがみついていきたいと思います(I)

良い感じの疲れ

2020年11月26日

いやぁ~、今日は一日バタバタでした。午前中は三組の団体さんをお迎えして、午後は会議で萱葺館の貸出(その後、見学込みですね)。その合間に、個人のお客様などなど、久しぶりに充実した一日でした。そういえば、昨年まで、秋の行楽シーズンといえば、次から次にお越しになられる団体さんがカチ合わないかと心配の日々だったような気が‥‥‥あぁ、あれは、遠い昔の夢だったのか…と、いやいや現実です。と、そんな例年を思い出させてくれるような、慌ただしい一日でした。

良い具合に、疲れましたよ。(S)

機運は高めるもの

2020年11月22日

本日は、朝からバスが重なり、個人さんも重なり、事前予約の方々も重なりと、とんでもなく密な空間を作ってしまいました。まぁ、それでもコマメな換気と手指の消毒など、できるだけのことは推進しております。

と、そんななかで、お客様の波も途絶えて、ホッとひと段落の午後でしたが、ちょうど今週末頃にとある中学の見学予定をいただいていたのですが、その担当の先生が下見に来てくださいました。先生にザっと施設の開設と水上勉さんについてお話させていただくと「いや、一滴文庫さんは、施設のすごさの見学だけでなく、道徳の授業でも参考にさせていただきたい内容がある施設なんですね」とのご意見をいただきました。

そういえば、昔、渡辺淳先生のお話が道徳の教科書に掲載されていたんじゃないかと頭をよぎりましたが、一滴文庫を全国の道徳の教科書に推薦する! と、いう機運がなんとか高まらないものでしょうか…。いや、その機運、高めるのは私たちのお仕事でしたね。

これは、頑張らねば。(S)

嬉しい申し込み

2020年11月19日

本日も朝から、なにやらバタバタとした一日でした。何をしているというわけではないのですが、何かに追われている感が山盛りです。

そんななか、どうも最近、資料の寄贈申し込みが立て続けにありまして…。大変うれしいお申込みなのですが、大切にされていたモノをお預かりするというのも、なかなかに気が引き締まります(疎かにはできないですからね)。

これら資料も、内容等の調査を行い、分類が終了しましたら、また皆さまに披露できるかと思いますので、今しばらくお待ちください。結構面白いと思ってもらえる資料ばかりですよ。(S)

冬備えの重労働

2020年11月18日

先日、薪ストーブを設置したという話をさせていただきましたが、いよいよ今年の分の薪が今朝届いたので、職員一同総出で置き場へと運びました。写真はその内の一つで、置き場はこれを入れて計四箇所。トラック一杯に積まれた薪を、さながら餌を巣に運ぶアリのように、列になってえっちらおっちら運んでおりました。そんな様子を見てか、たまたま来てくださっていた地元の方や庭師の方も、運ぶのに協力してくださいました。本当にありがとうございました。

なんとか無事に作業も終わり、これで薪ストーブも思う存分活躍できそうです。今日は運んでいて汗が流れるほどの陽気でしたが、また寒くなった際には、存分に仕事を果たしてもらいましょう。(I)

ストーブ問題

2020年11月15日

ビックリするくらい暖かな一日でしたね。

こんな陽気でしたが、朝いちばんでお越しのお客さまから「日差しは暖かいですけど。やっぱり建物のなかは、ちょっと肌寒いですね」とのお声をいただきました。ではではと、本館ロビーのストーブに火を灯します(ちょっと使い方が違うのですが)と、次のお客さまは「あら、こんなに暖かな陽気なのに、ストーブ付けてるんですね」とのお言葉。これはこれはと、ストーブを消灯(使い方問題その2です)。すると、次のお客さまは「あら、ストーブが出ているのに付いていないんですね」‥‥‥。

そこにあるのに、用をなしてないと寂しく思い、用が過ぎると煩わしく思う。中道(良い塩梅)とは、なんとも難しいものですね。それでも、お客様の非常に多い一日でしたので、それらの会話もとても楽しいものでした。(S)

冬だけの温かさ

2020年11月14日

前回は秋の話題をお届けしましたが、今回は冬の話題です。寒くなってきたということで、いよいよ六角堂に冬の風物詩、薪ストーブが設置されました。窓の奥でゆらめく炎に、薪の燃えるパチパチという音。それらと共にコーヒーやお茶を楽しめば、五感全てで温かさを感じることが出来るでしょう。ぜひ皆さまも体験してみてください(I)

ひとつ終わって、ひと段落

2020年11月12日

本日は、久しぶりに予定を書き込むホワイトボードが真っ白な一日でした。お陰で、お越しになられたお客さまとゆっくりお話しさせていただくこともできるなど、優雅な一日となりました。

そして優雅な一日には、もうひとつ理由があります。ようやく、お願いされていた原稿の校正が終わり、これでひとつ肩の荷が下りました。はぁ~ひと段落。

今日一日くらいは、ちょっとゆっくり構えていても罰は当たらないでしょう(笑)。でも、まぁしかし…今月は、20日までに提出しないといけない原稿がひとつ! 25日までに提出しないといけない原稿がもうひとつ…。いつまでも気を抜いているわけにはいきません。ラストスパートに向けて、気合を入れなおさないとですね。でも、明日からにしましょうかね。(S)

お待たせ致しました!

2020年11月11日

ようやくこの写真を上げることができました。一滴文庫の紅葉シーズン到来でございます。天候不順のせいか、一部色づきの悪いものもありますが、なんとかほとんどの木は見事に色づいてくれました。冬がやってくるその前に、一滴文庫で今一度秋の景色を楽しんでみてはいかがでしょうか(I)