また、見てしまった…

2020年10月3日

本日も、多くのお客様に恵まれた一日となりました。なかには小さなお子さんまで! 皆さま、十二分に楽しんでいただけたかと思います。

が、しかし…しかし、です。小生が本館を出て、すぐにその小さなお客様の気配を本館の左側から感じました。いや、感じたというか、聞こえてきたというか…。そうです、ギャン泣きしておられました。場所は竹人形館前…たぶん、見てはいけないものを見てしまったのでしょう。それを見て「あっ、またか…」と思ってしまった小生の心中もお察しください。これでもう、たぶん二度と一滴に足を踏み入れない若い芽が…と、へこんでいたら、その後は元気に回復。なかなかに強い子でした(笑)。

一滴文庫は、お子様にも優しい施設でありたいものです。いや、まったく。(S)