8月2020

いよいよ九月! いやいや苦月!

2020年8月31日

本日で八月も終わりです。明日からは九月! 少しは涼しくなってくれるといいのですが。

と、そんな新しい月を迎えると、色々と忙しくなります。明後日からは、京都での出張展示も始まり、そうこうしていたら企画展も一新します。そして、頼まれている原稿にもそろそろ目途を付ける月。個人的には、近隣小学校や各種団体さんとの連携事業など目白押しです。苦月(九月)とは、よく言ったもんです(いや、誰も言ってないか?)。

先が思いやられる日々が続いておりますが、それでも先日ついに新企画展のチラシとポスターが刷り上がって手元に届くとやる気が出てきます。いよいよ九月ですね(笑)。

さて、そんなこんなで、次の企画展は! というと、「渡辺淳展―絵画と言葉―」です。今週中には町内へのポスターとチラシの配布、HPへの掲載など終わらせたいですね。

皆さま、乞うご期待です。(S)

実はありました

2020年8月29日

ご存知の方も多いでしょうが、現在、車いす劇場のホワイエには、渡辺淳先生に教えられて子供たちが描いた絵が多数展示されています。私も小さい頃、淳先生の絵の教室に通っていた時期があり、見かける度に懐かしく思っていました。しかし先日、六角堂の方から「Iさんの絵も飾ってあるよ」と教えていただき驚きました。私が通っていたのはもう二十年近くも前なので、今まで無いだろうと思っていたのですが、話を聞いて探してみると確かにありました。お世辞にもうまいとは言えない絵でしたが、見ているとその頃の自分や、淳先生の優しい笑顔が思い出されます。そんな自分が、今こうして一滴文庫で働かせていただいているのですから不思議ですね。これも一つのご縁でしょうか。(I)

久しぶりの

2020年8月28日

ようやく雨が降ってくれました。

一滴のお庭では、地面がひび割れ、葉の色は抜けてきて、竹の葉なんかは丸まって(水分が少なくなると、キューっと丸くなるそうなんです)などなど……。あまりよろしくない状況でしたが、本日ようやくお湿りが! これでようやくお庭も潤うかなっと、期待しております。

さて、お庭にも潤いが戻ったところで、小生にも潤いが欲しいところです。

はて、その潤いとは?

と、いう中途半端なところで本日は筆を置かせていただきましょうかね。(S)

逃がした落葉は大きかった

2020年8月27日

最近、日中の暑さは相変わらずなものの、朝晩を中心に少しずつ涼しさを感じる時間も増え、秋の足音を感じるようになってまいりました。そのせいか最近は落ち葉も増えてきており、毎朝の掃除で落ち葉掃きをするのが日課になっております。
今朝もそうして掃除をしていたのですが、ふと塵取りの中を見てみると、丸まった落ち葉の一枚から、何やら四本の細長い「足」のようなものが伸びていました。もしやと思い塵取りをコンと叩いてみると、今度は落ち葉の先が割れて触角と前足が。やっぱりナナフシでした。しかし、足が伸びていたから気づいたものの、そうでなければ全く気づくことができなかったでしょう。自然の不思議に感嘆しながら、ナナフシを逃がして掃除に戻ったのでした。
…と、一通り終わった後に、日記に載せる用の写真を撮っていないことに気が付きました。申し訳ありません。一応探しにも戻ったのですが、流石はナナフシ、どこに隠れたのか全く見つかりませんでした。もう一度出会えることを祈りながら、より一層掃除に励みたいと思います(I)

恐ろしい現実です

2020年8月24日

久しぶりに、一文書きました。何を書いたかというと、企画展のあいさつ文です。しかも、他所で実施予定の企画展(出張展示)の分です。今回は、正直苦心しました。企画展のあいさつ文は普通、お越しになられたお客様に「今回の展示は、こういう趣旨で行うものですよ」とか「こんな内容のものですよ」などを簡単に、且つ分かりやすく、そして短く書かなければならないものなんですが‥‥‥今回はそれを考えすぎて、全体的に“ベタ”っとした文章になってしまいました(要するに、文章に起伏がなくて、読んでいても心の琴線にふれないようなものですね)。以前はもっと気持ちのこもった文章が書けていたはず! と、思っていたのですが、腕がなまったのか(以前のものは良かったという)勘違いだったのか。やっぱり文章も筋トレと同じで、怠けるとダメになるんでしょうね。現実とは、恐ろしい限りですが、まぁ今回もそこは直視せずにペロつと会場に掲示することになるでしょう。学芸員としては失格…こりない性格です。(S)

ほっと一息

2020年8月23日

本日、六角堂を利用されたお客様が、お抹茶を注文されていました。実際、この夏でもお抹茶の注文はいくらかあったのですが、改めて考えると、イベント等とは関係なく、お抹茶や生姜湯、よもぎ餅といった日本の味、田舎の味を気軽に注文できる喫茶施設というのはかなり珍しいのかもしれません。どこかほっとする懐かしい田舎の味、皆さまもおひとついかがでしょうか(I)

ブンナも嬉しそうな

2020年8月21日

本日、午後からまだ小さい男の子を連れられたお母様が来てくださいました。お子様と一緒ということでとりあえずブンナの部屋へご案内すると、お母様に本を読んでもらいながら楽しそうになさっていました。どうやらお子様がとても気に入ってくださったようで、途中展示を見に一度離れた後も、戻ってくるとまたそのままブンナの部屋へ向かっていました。
この日記でも何度かお子様のことを書かせていただいていますが、やはりコロナ禍の影響かお子様、お孫様と一緒に来られる方は減ってしまっているので、たまにこうして元気な声を聞かせていただけると、こちらとしても嬉しくなります。よければこれを見てくださっている皆様も、お子様やお孫様を連れていらしてください。(I)

常設展は館の顔です

2020年8月20日

先日、常設展の一部を展示替えいたしました。年間のスケジュールとにらめっこして、「うん! このタイミング」と見計らっての行動です。これから九月に入ると京都での出張展示が始まり、月の半ばになると企画展の入れ替え、そして年が明けると年度最後の企画展とつながっていきます。と、いうことで、それらの展示と連動するかたちで、三階の「墨蹟」のブースが「水上文学を彩る出版物」のブースに移行しております。しばらく墨蹟はおあずけって感じです。

前々から、常設展というのは、その館の顔ですとよく言われます。できるだけ良い顔を皆さんにお見せできてるといいのですが‥‥‥どんなもんでしょうか。ご意見ご感想、お待ちしております(本日お越しのお客様からは、上々の反応をいただきました)。

一滴お越しの際には、常連さんでも常設まで見て行ってくださいね(もちろん、初めての方もゆっくり見て回ってください)。よろしくお願いします。(S)

ビビりはお互い様

2020年8月17日

さて、最近暑さで元気がないという話ばかり書いている気がしますが、逆にこの暑さで元気いっぱいなのがセミたちです。七月に思うように鳴けなかったこともあってか、毎日ミンミンツクツクカナカナと大きな声で鳴いています。それは夏らしくて結構なのですが、庭を歩いているだけでバタバタッと飛び立つのはご勘弁願えないでしょうか。飛ぶたびに木の枝葉にぶつかって音をたてる上に、それが突然すぐ耳元で聞こえたりするので、正直心臓によろしくないのです…。一滴の庭で暮らすのであれば、もう少し人に慣れて、どっしり構えて鳴いてもらいたいものです。(I)

退任のごあいさつ

2020年8月16日

先日、とある新聞記者さんからお電話をいただき「今度、福井からの移動命令が下りて、他所に移ることとなりました」とのご挨拶をいただきました。この方、以前に大変すばらしい水上先生の記事を書いていただき、その折の取材から何度かお話させていただくようになった方だったんです。

他所に移るのは大変残念ではありますが、お話を聞いていると、新聞記者さんは移動がかかると、最後にその場所でのメッセージ的な文章を残される(書く)とのこと! そして、その方は、せっかくですので水上先生について書きたいということで、最後の取材も兼ねてのご連絡でした。その方曰く、もうすっかり水上文学ファンとのこと。できれば、移動した先でもそのお心を忘れずに、記事をあげていただきたいものです。

そして、こちらでの最後になるその記事が楽しみです。今回も、いい記事を期待しています。移動先でもお元気で。(S)