7月2020

爆笑問題

2020年7月31日

先日、とある京都の方とお話していたら突然、「僕は爆笑問題が好きなんですが…」というお言葉が! ん…何のことだろうと? と、首をかしげていたら次の言葉が。「だから、彼らのラジオ番組はよく聞くんです」とのこと。理解しました。昨年末に、爆笑問題のラジオに出演した際のものをお聞きになられたとのこと。いや、すっかり忘れておりましたが、そういえばそんなことが…。あの時は、さしもの小生も緊張からか、言葉が口から出てこないで気ばかりが焦って、何を話したかさえ記憶にございません。そんなラジオでしたので、申し訳ないとの思いでしたが、意外に「聞き取りやすくて、良かったですよ」とのご感想をいただきました。

まぁ、あんなことはもう二度とないでしょうが、生で見た芸能人は、やっぱりオーラが‥‥‥って、そんなこともあんまり記憶にないので、極度の緊張か、はたまた脳の海馬が死にかけているかのどちらかでしょうね。爆笑するほど、大変な問題です。(S)

夏を前にようやくの

2020年7月30日

今日は午前中こそ雨模様でしたが、午後からは徐々に上がり、三時頃には待望の青空が覗きました。暑いのは苦手ですが、こうして夏の日差しを浴びると、やはりどことなく心も軽くなりますね。結局七月いっぱいまで梅雨は終わりませんでしたが、なんとか八月には夏らしい景色を見ることができそうです。色々と難しい夏ではありますが、できる範囲で精いっぱい楽しみたいですね(I)

不慮の

2020年7月27日

不慮という言葉には、あまり良い印象を受けませんね。たぶん後ろにつくのは「事故」や「死」なんかが一般的ではないかと。

本日、そんなまさに不慮の出来事に遭遇してしまい、一日テンテコマイ状態でした。実際に、この不慮と遭遇したのは先日ですが、本日はその対応に追われる一日でした。昔、大学生の時分に先輩から「いつ何時も、何がおこるか分からないから、現場(発掘調査なんてしてましたもので)では絶対に気を抜かず、どんな不慮のことにも対応できるように心構えを…」なんて訓示をいただいていたりしましたが、そんな心構えができる範囲なんて「不慮」じゃありませんね。まったくの想定外! いや、想定することなど不可能な出来事が「不慮」なんですから。本日一日、「不慮」対応で、さすがの小生も呆然としておりました。さて、これからどうしよう…笑。(S)

*文章の最後に「笑」が付いていることを、お見逃しのないように!

朝から交通誘導?

2020年7月26日

今朝の掃除中、久しぶりに長いヤツが出ました。見た目からすると、おそらくジムグリと呼ばれる小さめの蛇だったと思います。実は何時ぞやの(U)さんの日記で書かれていた、長いものに巻かれていたのは私だったりするのですが、流石に毎回そんなことをしていてはこちらの身がもちません。というわけで、丁度持っていた箒と塵取りで左右を塞ぎつつ、地道に誘導して庭から出て行ってもらいました。今朝は久しぶりに晴れ間も覗いたので彼も“Go to”したかったのでしょうが、どうかおとなしく“Stay home”していてください。(I)

聞いてみたい

2020年7月24日

あれは昨日のことです。とあるお客様からお声がけをいただき、少し話をしてみると、どうやら小生が他所で発刊している歴史系の冊子を見てご来館いただいたとのこと。色々とお話をさせていただき、この町の文化財もまだまだ大きな可能性を秘めていると再認識させていただきました。

もう大分前のことですが、渡辺淳先生が「この町の歴史はとても深く、偉(おお)きなものがあるんだよ。だからSさんも、興味があるなら仕事の合間にでも見にいってみるといいよ」というお話をしていただいた覚えがあります。もうあれから幾年月‥‥‥。

渡辺先生が私に見せたかったものの何割かだけでも見ることができたのでしょうか。先生に直接お聞きしてみたいものです。(S)

久々の大忙し

2020年7月23日

四連休初日となった本日、皆様はいかがお過ごしでしょうか。一滴文庫には、いつにも増して多くのお客様が訪れてくださりました。最近、皆様のおかげもあり徐々に来館数は増えてきておりましたが、やはり連休ともなるとその数もグンと増えた印象です。まだ連休は始まったばかり。ちょうど企画展も後半の内容に替わったところですので、よければ皆様、この機会に是非一滴文庫に足をお運びください。(I)

竹紙

2020年7月20日

本日、夕刻にさしかかったころ、あるご夫婦のご来館がありました。本館に入り、ラウンジに足を向けた矢先、「あった、これよこれ!」とのお声がかかりました。どうしたのかと思ったら、何かのテレビ番組(以前に放送されていたものですね)で竹紙について出ていたので、それを探しに来たとのことでした。

「とても良い風合いね」と、絶賛いただき、ご購入。竹紙を作る大変な工程を知っている身としては、嬉しい限りです。水上勉が残したもの(モノだけではなくコトもですが)、後世にきちんと伝えていきたいものです。(S)

朝響く声に想うこと

2020年7月18日

ご存じの方も多いと思いますが、一滴文庫は大飯中学校のすぐそばにあります。そのため、夕方頃になるといつも、吹奏楽部の演奏や、運動部の練習の掛け声が聞こえてきます。今日は土曜日ですが、皆さん朝から頑張っているようで、開館準備をしている時から元気な音が響いていました。「あんな頃もあったなぁ」なんておじさんじみたことを思いつつ、ひそかに元気をもらっております。
それと同時に、このコロナ禍で授業のペースも上がっているだろう中、しっかり部活動もなさっていて大変そうだとも思います。この日記を見てくださっている方の中にも、学校に通うお子さんやお孫さんをお持ちの方がおられるかと思います。実際の混乱や苦労は、当事者にしか分からない部分も多いでしょうから、今はなるだけ寄り添って、その苦労を外から優しく支えてあげてください。

また、学生の方々も、気分を変えて別の場所で勉強したい、集中して静かに勉強できる場所が欲しいということであれば、お気軽に一滴文庫の図書室などを使っていただければと思います。(I)

同姓同名

2020年7月17日

本日も、とあるお客様とお話していると、何だか面白い方向に!

お客様曰く「私のおじさんが水上勉先生と同姓同名なんです」とのこと。それは面白いですねと、私も一言「そういえば、水上先生のエッセー(だったかな)に『私と同姓同名の人がいて』という書き出しの物がありました」と言うと、お客さまは「えっ、本当ですか。どんなエッセーで?」とお話のラリーが始まってしまいました。結局、この短文に出てくる水上勉なる人物は、ちょっと刑務所に入っていて‥‥‥というところまでいくと、「あらっ、私のおじさんは真面目な人でしたから‥‥‥(笑)」という、なんともしまらない(笑)かたちで話が終了してしまいました。

同姓同名の人って結構いるみたいですね。ちなみに、私も以前友達から「お前の同姓同名が〇〇にいるよ」と、教えられたことがあります。会ってみたいものです、同姓同名の(S)さん。(S)

夏らしくない夏ですが

2020年7月16日

七月も半分を過ぎました。長雨の影響か、この時期にしては涼しい日が多いですね。とはいえ、湿度が高い日が多く、気温の割には蒸し暑く感じるような日ばかりです。寒暖の差も大きいので、皆様も空と同じようなどんよりとした気分が体に溜まっているのではないでしょうか?
そんな気分を吹き飛ばすべく、六角堂には七月から風鈴が設置されています。こちらは、一滴文庫で焼き物をされている向坂典子さんの作品です。陶器で作られているため、一般的なガラスの風鈴とはまた違った音を聞かせてくれます。一つ一つ音が違っているのも、手作りならではですね。販売も行っているので、夏本番に入る前によければお一ついかがでしょうか(I)