12月2019

本年最後の徒然

2019年12月27日

 若州一滴文庫の今年の営業は本日で終了です。明日28日から1月5日(日)までは休館となります。いつもより少し長めのお休みとさせていただきました。
 今年は最後の最後に、自然の中の文庫らしい出来事がありましたが、皆様のおかげで、文庫ともども充実した1年を終えることができました。ありがとうございました。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。(u)

事件解決

2019年12月23日

 5日前の異臭事件がようやく解決しました。犯人はブンナの部屋にありでした。入ったものの出られなくなったのか、床下の片隅で昇天されていました。撤去し、消毒剤と石灰をまいての処理は施しましたが、ブンナの部屋は当分の間使用禁止とさせていただきます。また、図書室もゆっくり本を読む環境に戻るまで入室はお控えください。床下は寒い冬を過ごすのにはもってこいの場所なんでしょうが、永眠はほんとに困ります。(u)

これも年末の大掃除の一環か?

2019年12月22日

 先日の異臭騒ぎ、何とか犯人を特定して、ブンナの部屋から退席願いました。しかし、臭気はまだまだ収まる気配がしません。しょうがないので、臭いの付いた本棚や本を一度撤去して、ブンナの部屋を何もない状態に(といってもエアコンだけは動かせませんので、そのままですが)! これから、臭いの源である床下の調査に入り、清掃、消毒と、作業を順次進めていかねばなりません。なんでこんな年末の忙しいときに‥‥‥と、嘆いている半面、いつかは手をつけないとブンナの床材が最近なんだかブカブカと緩くなってきたところですし、この機会にと前向きな一面も頭をもたげてきている一滴スタッフ一同です。

 さて、明日は何が出てくることやら。まぁ、頭の痛いお話です。(S)

ビワの花

2019年12月21日

 椿の花が咲き始めた庭の片隅で、ビワの花が気に留められることもなく咲いていました。花より団子、ビワと言えばオレンジ色の実ですもの。柿同様、熟した実を食することはかないませんので、せめて花だけでも見てやってください。(u)

正解しても何もありませんが

2019年12月20日

 本日、とある方々が「相談があるのですが…」と、一滴に来館。お話を聞いてみると、あるお世話になっている先生の画集を作りたいが、何から手を付けていいのか全く分からないから渡辺淳画集『出逢い』を参考にしたいので、ノウハウを教えて欲しいとのことでした。本館ストーブを囲んでの1時間、画集作成のための密談は軽やかに進んでいきました(軽やかにって、もはや密談ではありませんね)。

 小生といたしましては、その画家の先生は渡辺淳先生にとっても重要な人ということがピ~ン! と、頭を駆け巡り、これはできるだけ協力してみようと心の中で決心が固まっていきました。こんな風に、外側から渡辺先生を見つめなおしてみるというのも、また一興。渡辺先生の新たな一面に出会える日も、そんなに遠くないかもしれませんね。

 

*ちなみに、この画家の先生は、渡辺先生の『山椒庵日記』にも出てくる方です。さて、誰のことだかわかった人はいますか。(S)

2019年12月19日

 来年の干支「子」の竹人形細工が六角堂のショーケースに並びました。豊穣の舞を踊るネズミと大黒様の打ち出の小槌に乗るネズミの2種類です。前回の「子」のときは完売となりましたので、お求めは方はお早めにどうぞ。(u)

事件です

2019年12月18日

 ここ数日、本館で奇妙な事件が発生しております。それは、異臭騒ぎです。どうやら、本館入り口付近で何やら「臭う」とのこと。あぁ、また誰かカメムシさんを踏み潰したかと思ったんですが、どうやら違う性質の臭い。例えるならば、何かがお亡くなりになられて放置されたような…(以前に、袋戸の奥から子アナグマの同様のご遺体が発見などもありましたし…)。と、そうこうしていたら、閉館間際には、その臭いがブンナの部屋に移動しているじゃありませんか! これはいったい、何の祟りか? 首をかしげるだけではどうしようもないので、明日にでも床下…のぞき込んでみましょうかね。

 さて、何が出てくるやら。(S)

ミツバツツジ咲く

2019年12月16日

 悲鳴を上げていた身体は、4週間目にしてようやく落ち着いてきましたが、冬はといえば、暖かくなったり、寒くなったりの繰り返し。文庫の庭のミツバツツジも咲き始めています。狂い咲きと言ってしまえばそれまでですが、人もそれぞれ、花もそれぞれ、この時期に咲くのもいるそうです。家の草ボケの花もよく咲いています。これは寒ボケと言われるそうですが。(u)

ようやっと

2019年12月15日

 何とか乗り切りました。昨日、とある読書会の前置きがてらに「水上先生の故郷観について話をして欲しい」との依頼をいただき、それが無事に終了。これをもちまして、私の今年の頼まれイベントが全て終了いたしました。いや、今年は諸々ありすぎて、正直バテ気味ですが、ようやっと役目を終えました……ふっ~、乗り切った。

 とはいっても、まだまだ今年は終わるわけではなく、ちょっと相談に乗ってくれという話があと数件残ってますし、館内の大掃除も、諸々の雑務も今年中には終わらせたい。さて、残りの二週間程度をどのように過ごすかで、来年の1~3月(要するに今年度の締めですね)の忙しさが変わってきます。残りの時間も、しっかり勤めねば(いや、ここの場合「努めねば」の方かな)。(S)

旬の味

2019年12月14日

 屋根から何やら物音が聞こえ、窓に目をやると子ザルが一匹。こちらの視線に気づき、逃げていきましたが、先に見える道路にはたくさんの猿影が見えました。柿が目当てのようで、先陣を切って数匹、柿の木に取り付いていました。出勤前の一コマでしたが、腐って落ちてゴミになるよりはいいでしょう。青いうちから柿を食べてしまう文庫の猿には、この風景どう見えるんでしょうかね。(u)