文庫サマサマ

2019年9月1日

 しげしげと顔を見られて、「水上先生と関係のある方ですか」と、ごくごくたま~に聞かれますが、「先生」と呼ばれたのは初めてです。「ようやく来ることができました」と年配の男性のお客さんが、感極まって水上先生とごっちゃになったのでしょうか。私の思うままの説明に耳を傾けていただき、水上作品のすごさを熱く熱く語っていただきました。帰りの電車の時間もあり、あわただしい一刻となりましたが、ぜひ、またいらしてほしいものです。(u)