8月2019

この文学は、まさに広大な世界

2019年8月19日

 本日、朝から様々な人たちにご来館いただきました。なかでも、とあるご家族さん、お父さんが「水上勉は、『雁の寺』で直木賞を受賞したんだよ。それ以外は、私も読んでいないけど、どうやら沢山の本を出したようだね」と、奥様に一言。それから、展示室に飾られている本の装丁をゆっくり見ていると、「あれ? あれれ?」とのお声が。「あれも、これも、水上勉さんの本でしたか…知らなかった。水上さんの作品は『雁の寺』で、推理サスペンス風の人間ドラマと思っていたので、まさかこの本もあの本も水上さんが書いたものだとは、まったく思ってもみなかったです。いったい、この人の作風って、どんなものなんですか。まったくイメージと違うものばかりです」と、不思議がっておられました。

 確かに、水上作品の幅の広さときたら、どこかの研究者が「研究する人の身になってよ!」と愚痴をこぼしかねない程。どれほどの世界が広がっているのか、全てを知る人は誰もいないかもしれませんね。(S)

2019年8月18日

 トノサマガエルがわらわらと湧いて出てきました。これは、稲刈りでのことですが、機械で刈り取るものだから、我先にと飛び出してきて、わらくずの中へ身を隠していました。毎年のことですが、トンビやカラスが狙っているのはわかりきったことです。ブンナの世界へ向かうのはいったい誰になるのでしょうか。(u)

明日の活力は

2019年8月17日

 先日、〇〇大学の〇先生が一滴見学に来てくれました。その折に、小生が作ったタペストりー(水上勉文学地図と海の牙概要相関図)が、大変良い! とのお褒めのお言葉をいただきました。いや、そりゃ~魂込めて作りましたからね(笑)。そんなもの写真にでもおさめた日には、どこかに私の怨念でも写り込んで‥‥‥る、わ・け・な・い!

 まぁ、楽しくお話させていただきました。明日の活力にしていきたいものです。

 しかし、暑さ寒さも彼岸までという割には、暑さがしんどい! しかも、これだけシンドイ状況にも関わらず、次から次に仕事を仰せつかる。何こかは、他とかぶってしまいお断りしましたが、このままではそのうち夏バテでバタンか? などと考えている今日この頃。休めるときには、何とか休みたいものです。

 どうやら、限界も近い‥‥‥のか。(S)

終わってみれば

2019年8月16日

 台風一過、佐分利川は台風前と変わらぬ流れりのまま、文庫は、お化粧が少し落ちたところがありましたが、大きな被害はありませんでした。何事もあとは濁さず去ってほしいものと、台風につくづく思いました。(u)

台風のなかでも

2019年8月15日

 はい、朝から強い風が吹いております。結構、大きな枝も折れて飛んで行っている様子です。

 とりあえず、一滴は開館しておりましたが、こんな状況じゃあ誰も来(き)やせんやろ~と、思っておりましたがなんのその。いつも図書館を利用して勉強してくれている高校生が、突風のなか本日も勉強に。そして、一般の見学者も京都方面から。

 一滴文庫は、台風にも負けずにしっかりと開館しておりますよ~。皆さま、どうぞ安心して、明日からもお越しください。

 あっ、昨日は、渡辺淳先生の命日でしたね。今年でもう三回忌。早いものです。(S)

お盆休み?

2019年8月14日

 不運というより仕方がありません。暑さのためなんでしょうか、はたまた、機械にも盆休みをくれというのでしょうか、ここ数日、毎朝、ネット回線を起こす作業の繰り返しです。お盆休みが終わるまで、どうにか機嫌よくいてほしいものです。
 お盆に入った途端、車の調子が悪くなり、修理もできずにお手上げという方もいらっしゃいますが、台風ともども大事に至らないのことを祈ります。(u)

無駄話も仕事のうちです

2019年8月12日

 さすがにお盆ともなると、帰省のお客様が多いですね。そんななか、あるご家族様に話の水をむけてみると、山口県から帰郷中との一言をいただきました。そのまま話を進めると、昔話好きなどのフレーズが出てきましたので、数年前に実施した民俗学者の宮本常一展について一言ポロッとこぼす(いつもいらない言葉が口からこぼれておりますが)と、そこから色々な話につながっていきました。帰ったら図書館か古本屋さんで水上勉の対談集(宮本先生との対談が掲載されている本)を探して読んでみます! とのお言葉までいただき、なんだかとても楽しいひとときを過ごさせていただいた気分です。
 やっぱり、お客様との会話は良いものですね。色々な知識の発展には、対話(会話)が一番です。(S)

思うこと

2019年8月10日

 暑いからと言って、一日中冷房に浸りきりになっていませんか。そういう方は、一度文庫にいらしてください。暑い外から一歩入れば、心地のいい部屋へとご案内。慣れると少々暑さが気になってきますが、冷房がしっかり効いた部屋から動かないよりはずっと体にはいいと思います。ぐるりと庭を散策したあとは、六角堂で冷たい梅ジュースがおいしいですよ。(u)

挨拶から始まる

2019年8月9日

 朝方、ちょっとした方から話しかけられ、ついつい身の上話(笑)に。「君の出身は若狭かい?」と、尋ねられ「いいえ、九州の大分なんです」と答えたら「えっ、大分の何処? 僕はこっち出身だけど、僕の奥さんが大分の別府出身で‥‥‥」という話になり、そのまま別府談議に! いやはや、なんの因果でしょうか。面白いものですね。たまたま一滴内で「おはようございます。今日も暑いですね」という挨拶から、こんなご縁につながるなんて……。

 まぁ、一滴にいる以上、挨拶は欠かすことはできませんが、思っても見ない方向にボールが飛んでいくこともあるようです。せっかくのご縁ですから、ブッと、切れないように、挨拶だけは欠かさないようにしないといけませんね。(S

暑さを避けたつもりが

2019年8月7日

 日没時間が遅くなると、開館時間を延ばすところがありますが、一滴文庫は年がら年中、午後5時で閉館です。が、こう暑いと、日差しはできるだけ避けたいのは当然のことです。閉館直近に来られたお客様をむげに断ることはできませんので、駆け足で回っていただいています。ただ、ご注意いただきたいのは、場所によっては、日中より暑いということです。戸締りすら嫌になるぐらいですから。文庫へは早めのご来館がいいと思います。(u)