考える

2019年6月21日

 窓に張り付くアマガエル1匹。カメラを向けても動じません。お昼時、ようやく下に降りてきましたが、またしてもカメラを無視。干からびて動けないのではと頭に一滴。それが良かったのか、いらぬお節介だったのか、外へ飛んでいきました。昨日のウサギも知らん顔。動物にさえ気配を感じてもらえないのはなぜ。やさしくなったからでしょうか。発するものがなくなったからでしょうか。(u)