5月2019

うわのそら

2019年5月31日

 毎朝行うミーティングは、情報の伝達と収集には貴重な時間ですが、ま、ほとんど世間話が中心です。事故のなどほとんどない町ですが、昨晩は川沿いの県道で事故があったんですと。でも、近くの住人はそんな騒ぎなど全く気づきもしなかったそうです。「そういえば、救急車のサイレンがしていたな」なんて、なんと呑気なこと。私だったら、飛んで行ったのに。でも、救急車に乗るような目には会いたくないですね。(u)

閉館まで20分

2019年5月30日

 本日最後のお客様、閉館まで約20分しかないとのことで、かなり駆け足でのご見学でした。本館に入るなり「もう残り時間がほとんどないので、なにか主軸になるような説明はないですか?」とのご依頼をいただきました。ですので、なぜ水上先生がふるさとにこのような施設(一滴文庫のこと)を建てたのか、なぜこのような施設(木造土壁の造り)にしたのか、などを限られた時間の中で説明させていただきました。すると、最後に、「いや、感動しました。こんな時間で来るような場所じゃないですね。本来は何時間も見学にかかるような場所だったんですね。こんなに感動したのは、初めてです。ありがとう」と言われて、深々とお辞儀までいただきました。まぁ、私の話に感動しているわけではなく、水上先生の行動に感動しているわけなので、私にそんなに頭を下げられても‥‥‥と、思いつつでしたが、足早に車に戻られる後ろ姿を見つめながら「こちらこそ、ありがとうございます」という気持ちで、お見送りさせていただきました。(S)

逆光

2019年5月29日

 当たり前の風景。花が咲き、新緑に包まれ、木々が色づき始めても、毎年繰り返される文庫の1年ですが、絵に描いたり、写真に撮ったりするのには、飽きることはないでしょう。茅葺館が新しくなり、絵や写真の材料が増えましたが、写真を撮るのであれば午前中がいいかと思います。午後からは逆光になるからです。カメラがいいから大丈夫なんて、いつにもまして日差しはきついです。(u)

今日より明日

2019年5月27日

 本の表紙をずらっと並べるとなかなか見ごたえがあるものです。短い期間でよく企画したものだと感心しきりですが、毎日、少しずつ展示の様相が変わっていくのも楽しみです。学芸員の苦労を想像しながら、そこを探すのも面白いかも知れません。(u)

お話から

2019年5月26日

 来館者とお話させていただくと、色々なことが分かります。どんな点に興味をもってくれたのか。展示のどこに不満があったのか。展示を見てどんな発見をされたのか。などなどです。そんななか、本日お越しのご夫婦が帰りがけに「いや~知らない作家さんの文学館だと思って来たんですけど、並べられてる作品を見て、私結構この方の作品読んでました。ブンナとか、内容も衝撃的でしたので結構覚えてますし」との一言を。そうか! 作家の名前が重要ではなく、作品の方が重要なんだ! と、今回改めて思わされました。そういえば、結構心に残っている作品でも、作者の名前は憶えていないものも多数ありますしね。

 もちろん、「水上勉」というお名前も大切ですが、その遺された作品や一滴文庫から、逆に水上勉という人間を知るというのも良いものなんですね。(S)

ビワ

2019年5月25日

 午後5時、事務所の温度計は32度を指していますが、慣れというのは怖いものですね。「暑いですね、ここ」と言われても、同調はできませんでした。そういえば汗が出ていない。今年は庭のビワがたくさん実っています。黄色くなるのを見ることはありませんので、口にほおばるところを想像し、食べた気分で水分補給としましょうか。このビワ、黄色い実が残ったとしても、残念ながら、勝手には手が届かなくなりました。(u)

気持ちの良いひととき

2019年5月24日

 本日、久しぶりに(?)萱葺館の雨戸を開けて空気の入れ替えと簡単なお掃除を行いました。しかし、さすが茅葺の建物! 何とも涼しくて、窓を開けていると、気持ちの良い風が真新しい畳のイグサの香りと相まって、小生を夢の世界へ‥‥‥、はっ、いけません、いけません。危うく気を失うところでした(笑)。(S)

ムシできません。

2019年5月23日

 自然豊かな一滴文庫とくれば、当然、そこには虫も集まります。それが室内にとなると、相当困ります。昔々は電気を消すと真っ暗でよかったんでしょうが、今はそういうわけにはいきません。何せたくさん人が集まる建物ですので、点けておかなければならない灯りもあります。入るものを拒むことはままならず、どうしたものかと、思案の毎日です。(u)

水上勉生誕百年記念展

2019年5月22日

 本日より、水上勉先生の生誕百年の本展示がスタートしました。今日は一日、ゆっくりと昨日つくりあげた展示を確認しつつ、不備や不足を正していこう! と考えておりましたが、朝から閉館間際まで息つく暇もないほどのお客様に恵まれて、アップアップな一日になってしまいました。ろくに展示の確認もできないと思いきや、合間合間におこなった展示解説で「あっ、ここは追加のキャプションが必要だ」や、「ここは説明パネルの位置を変えた方が見やすい」など気が付く点が満載でした(笑)。まぁ、今回は半年近くの長丁場です。本当は、初日から最高の展示を! と、言いたいところですが、企画者の性格の都合上、展示期間の後半までには最高の状態に! と、甘えた考えが頭をもたげてしまう今日この頃の日常のヒトコマです。(S)

満員御礼

2019年5月20日

 竹人形公演まで1ヵ月を切りました。おかげさまで、両日とも満員御礼と、うれしい限りです。今年も楽しんでいただけることと思います。(u)