3月2019

年度末

2019年3月31日

 3月は去るといいますが、今年に限っては過ぎ去るでした。お天気がいい日には、茅葺館からトントントンと、茅葺作業の軽快な音が聞こえてくるんですから、ぼ~と眺めていると1日はあっという間に終わります。完成するまではこんな毎日が続きます。完成が待ち遠しいですが、この風景が見れなくなるのは寂しいです。(u)

来たい期待

2019年3月30日

 昨日、お一人のお客様が来館されて、色々なお話を聞かせていただきました。「私は、水上勉さんの大ファンで、ものすごい量の水上作品を読みました」とのこと‥‥‥。お話を聞いていると、まさにその知識量の多さには、小生も驚かされるばかり…。これまでお話をさせていただいたファンの中でも、一二を争うほどの豊かな知識。そして、本当に謙虚な姿勢で…。見習わないといけないお姿でした。

 しかし、無情にも時間は未来に過ぎ去るもの(いや、最近の物理の研究では、時間は単純に一方向にのみ流れているのではないとのことですw)。帰りのお約束時間が迫ってくるのに、まだ本館の一階と図書室のみしかご見学が終わっていません。時間が来ると「仕方がないので、今日はホテルに戻りますが、明日もう一度寄せていただいて、残りの施設を見学させていただきます」と、残してお帰りになられました。

 そして、本日。もう一度、ご来館いただき、無事に施設すべてのご見学が終了しました。これまで、何年も来たい来たいと思っていたことが現実になったとお喜びのご様子でした。たぶん、帰りのお車の中では、ご家族の方々と水上文学の想い出話に花が咲いているのではないかと、小生も期待(来たい)に胸膨らみます。(S)

本を探そう

2019年3月29日

 水上作品の古書検索の利用させていただいている日本の古本屋さん。そこからの3月のメールマガジンで、3月生まれの著名人たちとして、「3月8日は水上勉の100周年です」と大きく取り上げられていました。残念ながら、探し物は見つかりませんでしたが、関連資料の多いことには驚かされます。生誕100年の今年は、何か出てきそうな予感がします。(u)

年度末

2019年3月28日

 もうすっかり年度末ですね。本日も朝から、何度も何度も打ち合わせ‥‥‥。合間をぬって新年度事業の準備と、旧年度事業の締めの作業‥‥‥。疎かにできない作業ばかりです。

 さて、あと数日で新元号の発表…いや、新年度! 最後の数日、気を引き締めていかないと。(S)

花ざかり

2019年3月27日

 文庫の庭が、一気ににぎやかになりました。サンシュユ、ボケ、ツバキ、ミツバツツジ、シダレザクラと、目を楽しませてくれています。受付で一声かけていただければ、ご自由に散策していただけます。花粉症がという方は、喫茶六角堂で、おいしいコーヒーでも飲みながら、春のひとときを過ごしてみてはどうですか。(u)

百年という節目に

2019年3月25日

 ここしばらく、水上勉先生の生誕百年展をしている関係から、色々と昔を懐かしむ人たちが来館してくれています。そんな方々とお話させていただくと「水上先生がご存命のときには、一滴文庫にもよく来たんだけどね。最近は足が遠のいてしまって」と言いつつ、昔の楽しかった思い出話を聞かせてくださいます。一方の小生は、楽しい! というばかりでは学芸員失格ですので、なんとか頭に刷り込んで、そのうち文章で残しておこうかと考えております。まぁ、今の忙しさでは、しばらくは無理でしょうが、そのうち(なんて言っている間は、無理でしょうが)時間が出来たら取り掛かってみたい事業ですね。(S)

コブシ

2019年3月24日

 文庫のコブシの木に花が咲き始めまたのを見て、渡辺淳さんの山椒庵日記を思い出しました。春になったと思わせてくれるのが、山に咲いた白いコブシの花だと書かれています。山のコブシはまだのようですが、今年もたくさん咲いて、豊作の年にしてくれるのでしょうか。文庫のコブシは、毎年、満開なんですが。(u)

想い出の一冊

2019年3月23日

 本日、様々なお客様に来館いただき、面白い話と感想もいっぱい聞くことができました。中でも、常連のお客様がお孫さんを連れて見学に。本館の展示をお孫さんと見て、ぱっと目に入った本が『霧と影』。その本を手に取り、お孫さんに「じいちゃんのお父さんが本の好きな人やって、お前も読んでみたらどうかと言われて渡されたのが、この『霧と影』やったわい。お前にはまだ早いかもしれんけど、もう少し大きくなったら読んでみいや~」との一言。どうやら、思い出の一冊を手にして昔の記憶が蘇ってきたご様子でした。そして、展示を一回りして「やっぱり、人間の描写というのは、松本清張さん(展示の一角でお名前を出していたもので)より水上勉さんの方が上やった。水上さんの描く人間の表現は、同時代のどの作家より群を抜いていたよ」と、なんともうれしいご感想まで。

 水上勉先生も、生誕百年という年を迎えて、まだまだ世間に広く問われるべき作家ではないかと、改めて考えさせられる一日でした。(S)

猩々袴

2019年3月22日

 ショウジョウバカマ(でいいんでしょうか)が咲いていました。人目に付かない場所で、大切にされていたものです。一緒に植えられたフジバカマともども絶滅危惧種だそうです。この一角は、文庫の庭で唯一手で草取りをしてもらえるところなので、安心(?)して植えられたようですが、花が咲いていないと雑草としか見えず、草取りをする身には緊張する場所でもあります。間違いなど絶対あってはなりません。みなさんにも見てもらおうなんて考えると、フタリシズカの二の舞になります。木の花より、野の花でいっぱいの文庫にしてみたいものです。(u)

大風

2019年3月21日

 本日、朝からの大風で、園内が大変でした。花は次から次に落ちていくし、木々もポキポキと‥‥‥。でも、一番心配したのは、葺き替え作業中の萱葺館のことです。茅の抑えに張っているブルーシートが飛んでいくのではないかと、朝からハラハラな一日でした。ですが、一日終わって見てみると、そんな人間の不安なんかどこ吹く風状態でした。やはり、職人さんたちの仕事はキッチリしてますね。(S)