11月2018

火鉢

2018年11月12日

 その昔、文庫で使われていた火鉢だそうです。直径60㎝、今ではなかなか手に入るものではありません。いただいては見たものの、湿気で灰は固まりカビ臭さは半端なく、お日様を頼りに日干しの毎日です。先日の練炭といい、懐かしいものばかりがでてきます。次はいったい何でしょう。火鉢には普通の格好は似合いませんね。(u)

茅葺館改修工事

2018年11月11日

    今日も朝から良いお天気の一日となり気持ち良かったです。
   先日から、本館の隣に建つ茅葺館の改修工事が始まりました。敷地には立入禁止の鉄柵が置かれています。毎日眺めてきた茅葺館は、日ごとにボロボロになっていき見ていて心許なかったのですが、やっと改修工事に入りました。外見は元の様な茅葺に生まれ変わることになりました。茅葺館脇のモミジの木も紅葉し始め、美しい庭園の時期になってきました。(T)

着々と

2018年11月10日

 皆さまお待ちかね、「渡辺淳画集」の制作もいよいよ大詰めの時期に差し掛かってまいりました。本日、予定していた全ての絵画の写真撮影も無事に終了し、予定通りに着々と工程が進んでいることを実感しております。水上勉先生の生誕百年を記念して発刊する「渡辺淳画集」です! 心待ちにされている方も多いかと思いますが、今しばらくお待ちください。完成に向かって、着実に進んでおります。(S)

色濃く

2018年11月9日

 文庫の紅葉をお伝えしてから20日あまり。イロハモミジの1本が真っ赤に色づきました。他の木々はてっぺんを染めはじめたばかりで、まだ見頃とは言えません。近年は色づく前に枯れる葉も多く、お世辞にもきれいと言えなかったことを思えば、今年はまずまずかと。テレビで映し出されていたモミジの天ぷら。おいしそうでした。(u)

飛行機雲と送電線

2018年11月8日

    今日は、朝から快晴のお天気となり真っ青な空が広がりました。その青い空に一筋の飛行機雲がありました。バスでお越しになった団体客の中の一人のご婦人が、空を仰ぎ見て「珍しいわね~飛行機雲がこんなにいっぱい見れるのなんて!」と喜ばれていたのですが、一筋の飛行機雲以外は山を越える送電線でした。脇に居たお友達の方が「あんな等間隔の飛行機雲なんて有るわけないでしょ!」と言われて、お気付きになったご様子でした。確かに、一滴文庫の周囲には飛行機雲と見間違うほどの送電線が張り巡らされています。また、上空には飛行機の航路がある様で頻繁に飛行機雲を見ることができます。文庫は電気と飛行機の行き交う様子を眺めることができる場所でもあります。(T)

今日も日が暮れる

2018年11月7日

 本日、また朝から一滴のシステムダウン‥‥‥。このネット社会のなかで、まるで孤島に流されたかのような一日(メールもネットも、書類も全部ダメです)。これは仕事になりません(笑)。

 超がつくようなアナログ施設のように見えますが、一滴文庫もしっかり現代社会のモノですから。なかなか大変な一日でした。しかし、たとえシステムがダウンしても、いつもと同じく日が暮れて、今日もこれで閉館です。(S)

練炭

2018年11月5日

 薪ストーブが本格稼働するまでの中継ぎに、倉庫の片隅に七輪といっしょに放置されていたのを引っ張り出されました。これはその燃えカスですが、くずれることなく残っています。ひとつ燃やすと6時間から10時間燃焼するとのことらしいです。六角堂にたった一つですが、赤い火と練炭の燃える匂いがなんともいえません。エアコンの乾いた温風など比べものになりません。練炭なんて過去のものと思っていたら、ホームセンターで売っているんですね。でも、練炭をつかむ練炭ばさみがないのはいただけません。(u)

雪虫

2018年11月4日

 ヒラヒラと庭に雪虫が舞っていました。六角堂スタッフがその雪虫をススキの穂に停まらせたのを写してきました。まだ11月に入ったばかりなのに雪虫が舞っているなんて、今年は雪が早く降り始めるのかもしれませんね。北海道では、この雪虫が初雪の降る少し前に出現することが多く、冬の訪れを告げる風物詩となっているそうです。私に入った情報では今年の冬は暖冬で雪が少ないと聞いているのですが…。庭の樹木が紅葉しはじめ、雪虫も舞いはじめ、寒い冬の季節に入ったのを感じています。(T)

不思議なご縁

2018年11月3日

 さすが、秋晴れの祝日! 開館と同時にお客様が来館、閉館間際まで多くのお客様で賑わう一日となりました。

 しかも、ちょっと不思議なご縁までいただいてしまいました。それは、地元の常連さんが六角堂でご休憩されていると、そこにたまたま遠方からのお客様がまずは休憩と、六角堂にお立ち寄りくださって(ちょうど団体様とかぶってしまい、本館がいっぱいになるので、少し間を置いてからとのご判断で、最初に六角堂にとの感じでした)、常連さんが「どこから来なんしたか?」とお声をかけられたことから会話が弾み、そこにたまたま顔を出した小生に「Sさん、今ちょっとお話を聞いたら、こちらのお客さん初期の竹人形に関わっていた方やったみたいで、面白いお話聞かせてもろたで!」ということで、小生もついでにお話を聞かせていただきました。いや、ご縁というものは、不思議なものです。もし、いつも通り最初は本館からという流れでしたら、六角堂で常連さんから話しかけれれることもなかったでしょうし、そうしたら小生もそんなお話を聞けることもなかったでしょうし‥‥‥。不思議なご縁に感謝ですね。(S)

落葉

2018年11月2日

 午前中は雨で午後から曇り空のお天気でした。
 このところ朝の庭掃除で、落葉をかき集めるのが日課になっています。朝方落葉を綺麗にかき集めても帰り際には元の落葉だらけの庭に戻っています。まだまだ樹木には紅葉した葉がいっぱい残っていて終わりがありません。(T)

午前中、福知山市から女性の団体様がお越しになり文庫は賑いました。