質問ラリー

2018年9月6日

 夕暮れ時、遠方からお越しのお客様方からひとつのご質問をいただきました。まぁ、疑問に思うところは皆さま同じです(竹人形の指の数)。その返答をしているときに、さらに追い打ちの質問が、お応えするとさらに追加のご質問が‥‥‥。こんなに質問の絶えないことも、何だか久しぶりな気がします。気持ちがいいものです。質問があるということは、それだけ興味をもっていただいたということです。しかも、対話によって小生の知識も一段高みに‥‥‥(本当かな?)。まぁ、お客さまも職員も意識の置きようで、日々の仕事が刺激的になるものですね。できれば、一滴から去るその日まで、刺激的な毎日でありたいものです。(S)