7月2018

百日紅

2018年7月30日

 今年は一番大きな木が、一番に花を咲かせました。ピンクの空とまではいきませんが、今年はいつにもましてたくさんの蕾がついていますので、青空一面に咲かせる日も来るかもしれません。(u)

今年の東京出張

2018年7月29日

 いよいよ来週は、ちょっと長めの東京出張です。いろいろな調査項目や研修参加、関連展示の確認や打ち合わせ(?)などなど。期間も長いのですが、やらなければならないことも山のよう‥‥‥。あまり暑くなければいいのですが、たぶん望み薄でしょうね。毎日毎日、朝から晩まで予定をビッシリ仕込んでみましたので、帰ってくるときには体重が2/3くらいになっているのではないかと、今から心配だらけです(でも、楽しみな時間もちゃんと仕込んでおります)。(S)

台風12号

2018年7月28日

    朝から曇り空のお天気で、暑さが少し和らぎました。例年では考えられないコースをたどる台風12号が関東地方に接近してきていて、あちこちで予定されていたイベントが中止になっているみたいです。一滴文庫の方もだんだんと雲行きが怪しくなってきました。明日午後から私の住む地区ではお祭りがあります。屋外で行なわれるバーベキューが出来るかどうかが心配です。(T)

ゆとりが欲しい

2018年7月27日

 ここ数日、かなり大きな事案が立て続けに終わり、これで一息付ける(といっても、来週また東京方面に出張なんですが……)と目論んでおりました! が……またまた、そうは問屋が卸さないとばかりに、大きな事案がゴロゴロと目の前に転がってきました。ん~~~如何したものか……。まだまだ、苦悩と苦行は続きそうです。

 いったい、いつになったら、ゆっくりと優雅に次回企画展の構想をくみ上げることができるようになるのか。優雅な職場、優雅な仕事、優雅な人生……のんびりと過ごしたいものです。(S)

紙だのみ

2018年7月26日

 インクジェットプリンターの給紙カセットへ紙を補充するとき、どちらの面を上にするかなんて考えたことありますか。普通の紙だと考えませんよね。でも、インクジェットプリンターでは、紙の両端が反らない方を印刷面にする方がいいのだそうです。紙の両端が汚れるようであれば、インクヘッドが紙に引っかかっているのかもしれません。紙を逆にしてみてください。掃除もして大切に使えば、消耗品の交換だけで長く使えます。(u)

木槿(ムクゲ)の花

2018年7月25日

    今日は午後から雲が広がり、暑さを少し和らげてくれました。
    写真の花はムクゲの花です。パラパラ咲き始めました。庭のムクゲの木は渡辺淳先生が植えた木です。郵便配達していた頃に配達先の家からもらってきた木だと聞いています。このムクゲの花はお隣の韓国の国花だそうです。  (T)

岡山曹源寺

2018年7月23日

 明日と明後日は、いよいよ岡山の曹源寺に出張です。儀山善来老師が遺された様々な逸話の蒐集とその場の撮影、そして儀山老師と太元老師(儀山老師の師匠です)の頂相の調査など、やらなければならないことは山のようです。しかも、少し前の大雨の爪痕がいまだ道中の至る所に……。

 これから続く出張の第一弾! 何とか干からびずに帰ってきたいものです。しかし、この暑さだけは何とかならないものでしょうか。(S)

目覚まし

2018年7月22日

 できることは少しでも涼しい時間にと考えるのは、人だけではないようです。草刈り機のエンジン音で朝早くから目が覚めるのは仕方がないのですが、狩りの獲物を深夜や早朝に持ち帰るのは堪忍してほしいものです。助けた命も数知れず。昨日はコガモがその数に入りました。(u)

カブトムシ

2018年7月21日

    今朝、庭の雑木林でカブトムシの♂を見つけました。ノコギリクワガタムシの♂♀、ミヤマクワガタムシの♂♀、コクワガタムシの♂♀、カブトムシの♀は、一滴文庫の敷地でいままでに捕獲しましたが、このカブトムシの♂だけは捕まえることが出来ませんでした。私も歳とってオッサンになりましたが、カブトムシを見つけた時は嬉しかったです。子供の頃、早起きして栗の木のある山を駆けずり回ったことを思い出しました。一滴文庫は暑い暑い夏真っ盛りです。(T)

暑さにも負けずに

2018年7月20日

 本日も暑い一日でしたね。来館いただいたお客様のお口からは、揃って「暑いね~」の一言が。わかります、そのお気持ち!

 しかし、そんな中でも元気いっぱいに門をくぐってくれた一団が! それは、毎年恒例になっている学生コンテストの参加チームによる、事前下見の皆さまです。皆さま、焼けつくような暑さのなか、たまに見せてくれる感動(?)と喜び(?)に、何というか‥.…若さという力みたいなものを感じましたね。いや、もう何年前に失くしてしまったかと、昔を振りかえって笑いがでてしまいます。限られた時間(30分)のなかで、伝えたいことを選別し、かなりの早口でしゃべり倒して、そのうちの何割が伝わったのかわかりませんが、もしまた本調査でお越しいただけることがあれば、そのときはもう少しお時間をいただいてじっくりと説明したいものですね。(S)