都会の真ん中で

2018年5月20日

 久しぶりにビルの立ち並ぶ賑やかなところへ行ってきました。前職場の人たちに呼んでいただき、汗を流してきたんですが、すでにリタイアした人たちが、選手に応援にと一昔前に戻ったような懐かしいものとなりました。となると、話題は「今何しているの」と仕事の話になってしまいます。「水上勉の・・・」と名前をだすと、すぐさま言ってもらえるんです。越前竹人形、飢餓海峡、雁の寺、などなどなど。代表作ばかりですが、大都会の真ん中で、知っていてもらえるなんて、たとえ年齢が高くてもうれしい限りです。あとは文庫で再会できることを願うばかりです。(u)