次へ

2018年3月5日

 本日で企画展「禅と日本文学」も無事に終了です。会期中には、多くのお客様にお越しいただきましたこと、衷心より御礼申し上げます。なかなかに大きなテーマということで、開催直前まで悩みどころ満載の展示でしたし、開催中にも多くの誤植と向き合う日々となってしまいました。しかし、調べれば調べるほど興味深い事実がでてきましたので、これを機に次の企画展(幕末明治福井150年展)に今回の成果を反映させていきたいですね。

 おっと、しかし、その前に明後日から始まる「水上勉と渡辺淳 竹紙で遊ぶ二人展」も小生の担当でした。まずはそこからですね。(S)