2月2018

思わず

2018年2月28日

 最近、猫を取り上げた企画展があちこちで開催されて、一滴文庫の掲示板もいつになく賑やかです。「自慢の猫の写真を」なんて書いてあると、思わず送りたくなりますが、一人一匹つき一枚ではなく、一人一枚ですのでここはあきらめましょう。福福展Ⅱが終わり、少々さびしくなっていたところ、猫の手を借りてといいわけではありませんが、重い腰が少しは上がりそうです。(u)

梅の花みて

2018年2月26日

 忙しさにかまけて、周囲に目を配ることを忘れていたようです。ふと気が付くと、入り口横の梅の花が咲き出しているではありませんか。もう春ですね。
 文庫にいると、毎年ふとした瞬間に季節を感じることができます。ここに来るまでは、暑いか寒いかただそれのみだったような気がします。まさか、こんな無粋な人間が、梅の蕾が開きだしたことで「あぁ、もう春だ」なんて考えが頭をよぎるだなんて……。人も環境で大きく変わるものです。

 できれば、良い方に変わりたいものですが……どうでしょうか。(S)

獣の跡

2018年2月25日

 文庫の庭のあちこちに小型のスコップで掘り起こした様な穴が幾つも開いています。イノシシまたはアナグマの仕業のようです。山野では餌が見つからず、文庫敷地内にまで手を広げた様です。堅い石の混ざる土を鼻やヒズメで掘り起こしているようでした。文庫の隣は山なので、さまざまな動物が出没します。
 午後からは天気も良く来館するお客様が多々ありました。(T)

便利、不便

2018年2月24日

 一滴文庫のご案内といれば、施設のご案内も大事なんですが、ここへお越しいただくには、まずは、アクセスのご案内が一番かと今日もまた思いました。車では、電車ではとお教えしますが、私とすれば電車でゆっくりとお越しいただく道中も楽しんでほしいのですが、こちらでの最後の乗り継ぎがよくないので、どうしても車となってしまうのが残念でなりません。文庫行の観光列車なんて、夢にも出てこないでしょうね。(u)

いよいよ

2018年2月23日

 本日、ようやく次回企画展のチラシが刷り上がり、手元に届きました! ようやくです。忙しい合間をぬってこぎつけた(自分で言うな!的な一言ですが…)次回展示は、「水上勉と渡辺淳 ~竹紙で遊ぶ二人展~」です。
 これからすぐに発送などの手続きに入り、来週半ばくらいまでには、皆さまにも見ていただけるのではないかと思っております。展示自体は、3月7日(水)からです。4月1日(日)には、小生の「渡辺淳さんから聞いた、ちょっとした小話」というイベントがあるかもですよ~。*当日は、エイプリルフールですので、皆さまもちろん覚悟して来てください。(S)

小さな福

2018年2月22日

    くるま椅子劇場のホワイエ(通路)で開催中の「福・福展Ⅱ~年の初めに縁起物コレクション」に、また新しい仲間が入りました。「鷽(うそ)」と言う2㎝ほどの木彫りの鳥です。六角堂スタッフが持って来てくれました。会場では透明な指輪ケースに入っています。
    天神様ゆかりの鳥で、幸運を招く鳥だそうです。〝うそ〟とかけた神事。悪いことをうそに替えてもらい、一年間の幸福を祈る意味合いがあるそうです。大変小さいので、来場の際には探してみて下さい。(T)

紅映

2018年2月21日

 事務所の窓から見える梅の木がほんのりとピンク色に染まってきました。膨らんだ蕾の中には、ぷっくり白色に膨らんだものも見えます。昨年の雪の重みに耐えかねて骨折した部分のギブス姿が痛々しいですが、その枝の先にも蕾がついています。桜伐る〇〇、梅伐らぬ〇〇といいますが、強いんですね。
 今日の天気は、朝の予報通り、くもり、雨、時折り雪。山の頂がうっすら雪化粧をしています。(u)

熊楠さんを訪ねて、南方に

2018年2月19日

 先日、ちょっと和歌山にいく用事がありましたので、ついでといっては何ですが、南方熊楠記念館に寄らせていただきました。なぜ、そんな施設に? と、クエッションマークを投げかける人は、まだまだです。もちろん、当館(水上勉)に関わりある人の記念館なんです。

 明治一の知識人といわれた夏目漱石は超がつくほど国内で有名ですが、その同級生である南方熊楠は当時のアメリカやイギリスで超が付くほどの有名人(もちろん、国内でも)。この南方熊楠という人は、柳田国男(日本民俗学の父)や土宜法龍(釈宗演と一緒に、日本仏教代表としてサンフランシスコ宗教大会に参加)などとも交流があり、明治時代の奇人ランキングで常に上位(本当に、当時の新聞でランキングやってたんです)にランクインするほどの人。そんな人の記念館で、どのような展示紹介がなされているかとウキウキして入館。結果、とても良い勉強をさせていただきました。やはり、常設展の充実は必須だと感じました。当館は、企画展はいつも力のこもった力作展示となっておりますが、常設展がまだまだ改変の余地ありなんです(というか、しっかりと作り変えないといけません)。ですので、最近、他館に入った時には常設展の展示の仕方、見せ方をよく拝見させていただいております。施設の顔は、間違いなく常設展ですね。

 ということで、南方熊楠記念館、十二分に堪能させていただきました。水上勉生誕百年記念事業も近づいてきておりますので、しっかりと当館の展示に反映させていただきます。合掌。(S)

小鳥

2018年2月18日

    風はまだ冷たいですが、太陽の陽射しで文庫の雪はほとんど融けました。かわって青々とした苔がでてきて綺麗です。そんな庭を散歩するとガサガサ、ゴソゴソと音が聞こえてきました。注意深く辺りを見わたしますが何も見あたりません。どうやら庭の小鳥たちが二本足で立って移動する時に枯葉を踏んで鳴らす音のようです。写真は室内からガラス越しに撮った庭の小鳥です。文庫の小鳥たちの営みを垣間見ました。(T)

花でも召しませ

2018年2月17日

 せっかくの週末も、雪と金メダルにはかないません。動物さえも姿を現しませんでしたので日記のネタもありません。。しいて言えば、石のお兄さんがめずらしくお休みといったところでしょうか。代わりに文庫のワビスケツバキでもご覧ください。(u)