水上勉の句碑(若狭路)

2018年1月12日

    先日、休暇だった時に「瓜割の滝」を見に行ってきました。この「瓜割の滝」は若狭町の天徳寺に有ります。あまりの水の冷たさに瓜が割れてしまったという伝説に由来して名が付いたそうです。名水百選にも選ばれていて、沢山の方が水を汲みに来ていました。天徳寺の境内は広く、中に大師堂と言って四国八十八カ所の霊場を模した八十八の石仏が設置されている場所があります。そこに水上勉の紀行文『若狭路』の記念文学碑が昨年10月に建てられました。そのことを思いだして写して来ました。句碑には「天徳寺は、また湧き水で名高い水の森があり、この石仏群のしじまへ水音はきこえてくる。若狭は、やはり仏の国だと思う。」などと書かれています。若狭町にお越しの際には見てみて下さい。(T)