1月2018

早いもので

2018年1月31日

 一月も今日で終わりです。早いものです。二月になると、半ばには頼まれている講演の準備、来年度発刊予定にしている書籍のまとめ、そして本年度の事業や会計の締めなど、やらなければならないことが山のようです。一歩づつ、ゆっくりでも、正確に、歩みを進めて行かないと、気が付いた時には道に迷って……なんてことも、あるかもしれませんからね。
 さて、いよいよ二月に突入。気を引き締めて本年度も良かったと言って終わることができるように、のこり2か月間を頑張りましょうかね。(S)

氷柱

2018年1月29日

 軒先に並ぶツララ。こんなに見事なツララを見るのはひさしぶりです。瓦屋根に雨どいが取り付けられていると、ツララが下がる余地はありませんが、長屋門の事務所側にはそれがなく、ツララができる条件ができたため、ここまで大きくなったんです。1本頂戴したいのをぐっとこらえて、そのままにしていたら、昼過ぎには落ちて下の雪に刺さりました。もちろん、人に当たれば大変ですのでが、そんな場所では即座に落としますが、残念ながら、雪を楽しまれない人には見向きもされませんでした。ならば今度は思いを遂げますから。(u)

イベント無事終了

2018年1月27日

 本日、こんな大雪の中にも関わらず、30名近いお客様に恵まれたイベントとなりました。朝から「行きたかったけど、この雪で…」という連絡は、ひっきりなしでしたから、今日はあかんなとタカをくくっておりました。しかし、開始時間が近づくとお車がぞくぞくと入ってくる。ありがたいことに、とても充実した一日となりました。
 来館いただきました皆様に感謝申し上げます。(S)

大雪

2018年1月26日

    今年最大の寒波が昨日、今日、明日と日本海側にかかってきますよ!と天気予報で注意を呼びかけていましたが案の定文庫は写真の通り、大量の雪が降り積もりました。そのため今日は雪かきに四苦八苦させられました。文庫遊歩道を何度となく雪かきし、ダイエット効果がみこまれる一日となりました。(T)

雪の日の来館者

2018年1月25日

 寒さと雪だるまが並ぶ天気予報のせいなのか、人影はまばらになっていますが、代わりに鳥というお客様で賑わうようになりました。ヒヨドリ様なのか、ツグミ様なのか、詳しいお名前は分かりませんが、雪の中を飛び回ったり、六角堂の軒下を借りて休憩したりと、その元気さといったら。フン害で困るとの声もありますが、そこは一つ大目に見てやってください。
 土曜日までは雪のようですが、文庫への道と駐車場は除雪されていますので、雪の文庫も見に来てください。(u)

感想お待ちしております

2018年1月24日

 ついに、おおい町内にも降雪が、寒々しい風景になってまいりました。そんな一日ですが、先日より福井新聞さんの紙面をお借りして連載しておりました小生の企画展紹介文も本日で無事に終了。拙い文章でしたが、色々なご意見をいただくことができました。なかでも、一番多かったのが「ちょっと難しい内容だったね」というもの。これでも、何とか皆様が興味を持ってくれるように書いたつもりですので、多少の読みにくさはご容赦のほどを。
 もし、福井新聞さんの一連の記事をお読みになって何らかのご感想をお持ちの方がおられましたら、是非一滴文庫の(S)までご連絡下さい。一言でもいいので、より多くのご感想をお聞きしてみたいです。
 そして、もちろん今週末はイベントの日です。天気の心配が膨らんできましたが、そこを何とか乗り切って多くのお客様をお迎えしたいです。イベントは27日(土)の13時30分からです。

 皆さま、雪にも負けず、諸々よろしくお願いいたします。(S)

やわらかあたまで

2018年1月22日

 展示物をどう見るか、どう感じるかは人それぞれで、それにとやかく言うことなんて誰も出来ませんが、一緒に話すと楽しいものです。本館ラウンジで、「あそこにミーアキャットがいる」との声が。「うん?」。指差す先の渡辺先生の大きな油絵の片隅には確かにミーアキャットらしき動物が描かれています。先生もハイカラなんて、ほんとは、イタチかハクビシンだと思うのですが、そういわれるとそう見えるのがなんとも面白いものです。これはこうだとしか見ていなかった自分にハッとさせられた感謝の一日となりました。年とともに固まっていった頭を元に戻すのは、もう無理なことですが、こんな楽しみに会える日はまだありそうです。(u)

新聞効果

2018年1月21日

 本日、町内在住のとある馴染みの方がふらっと来館してくださいました。
 「いや、Sさん福井新聞読んだで。この若狭っちゅう地域はすごいんやな。ビックリして、まだ途中(連載全5回中の3回目まで掲載)やのに、もう来てもうた」との一言をいただきました。他にお客様もいない時間帯だったので、簡単な展示解説をさせていただき、長々とこの町の歴史についてもお話をさせていただきました。やはり、これほどの歴史文化を有する町は、そんなにないのに皆知らないなんてもったいないことです。せっかくなので、27日の講演会にも参加してくださいとお勧めしておきました。イベント当日は、少しでも多くのお客様に恵まれるように、もう少し頑張りたいですね。(S)

静寂

2018年1月20日

 今日も静かな一日。そんな文庫の静けさにお客様も引き込まれたのか、時折り聞こえてくるのは聞きなれた笑い声のみ。しばらくはそんな日が続きそうですが、来週はまたまた寒波がやってくるようです。(u)

梅の蕾が膨らむ

2018年1月19日

    曇り空でしたが、気温もさほど下がらず気持ちの良い一日でした。
   文庫の庭には雪がありませんが冬の寒さで雑草もあまり生えず、庭がとても綺麗に見えます。こんな美しい庭の状態がず――っと続たら、一滴文庫の庭は日本一綺麗だと噂になるかもしれませんね。この気持ちの良い庭を散策していると梅が蕾を膨らませていたので写して来ました。(T)