先人ありて

2017年8月30日

 忙しさでへばりそうです。
 本日も、朝から取材対応や来客、急いで外回りにも行かなければならないのに、お客様が次から次へと! これは、うれしい(けど)悲鳴です。
 そんな皆様とお話させていただくと「ここはすごいね。こんな施設は他の町にはあるんだろうか?」とか、「この木材と土壁……そして、まるでこの場所の為に描かれたかのような絵画(もちろん、渡辺先生の作品)。なんて、すべてが調和している空間なんだろう。すばらしい」というお言葉をたくさんいただくことができました。それというのも、もちろん創設者の水上先生のお陰ですが、忘れてはならないのが渡辺先生をはじめとする地元で三十数年間守り続けてきた方々の存在です。特に先日から、その存在の大きさを再確認させていただいております。
 これから先の十年、二十年、いや五十年、百年という時間を維持していくためにも先人のご苦労を忘れるわけにはいきませんね。(S)