職場体験の季節

2017年8月23日

 中学生の職場体験の時期が今年もやってきました。一滴文庫のお仕事というものをしっかりと体験してもらいましょうと意気込んで(いや、意気込んでいるのは職員の方ですが)、いよいよ本日、中学生が長屋門をくぐり、文庫に足を踏み入れてくれました!

 そんな職場体験の中学生さんに、今年も恒例の感想文を書いてもらいましたので、掲載させてもらいます。

 

 

 今日の職場体験は、接客がメインとなりました。
 最初は「大丈夫! 出来る」と簡単に思っていましたが、実際にやってみると緊張して上手くできませんでした。挨拶の声がぎこちない感じになってしまったり、パンフレット配りにオドオドしてしまったりしてしまいました。
 その点、職員の皆さんは、いつもにこやかに挨拶したり、お客さんからの質問にちゃんと答えたりして、「今日は平日なのに、特にお客さんが多い日だね」と言われていたのですが、そんな多人数でも一人一人丁寧に対応されていて、すごいと思いました。
 私も、おどおどなんかせずに、しっかりとお客さんの相手をしたいので、明日からは今日以上に頑張りたいと思います。

 

 

明日も頑張っていきましょう!

明日、明後日にご来館いただきました皆様には、こんな中学生の元気がもらえるかもしれませんよ。ぜひ、この期間に一滴文庫にご来館ください。(S)