哀しい一日

2017年8月17日

    水上勉著書の装幀や挿絵を多数描き、若州一滴文庫の設立や運営に深く携わり、ライフワークとしておおい町の豊かな自然を隅々まで描き、多くの子供達に絵を描く喜びを教え、多くの人達と語り合った画家渡辺淳が亡くなりました。今日はその葬式が高浜町JA西武やすらぎホールで行なわれ、大勢の方が葬儀に参列し涙しました。たくさんの人達に深く愛されていたことを実感しました。
     いつまでもいつまでも見守っていてくれるだろうと思っていた心強い人が亡くなり心が挫ける思いです。出会いがあれば別れはつきものですが、本当に哀しい一日となりました。

渡辺淳先生いっぱい色々なことを教えて下さり、ありがとうございました。(T)