7月2017

百日紅

2017年7月31日

 今年は花の勢いが違います。天に向かってまっすぐ伸びた百日紅の木に、たくさんの花が咲き始めました。日陰に咲く花ではありませんので、日が昇り、日が沈むまで一身に太陽を浴びています。人が植えたわけではありません。いつのまにやら芽を出し、ここまで大きくなったということです。長屋門越しにピンクの花が見えますので、この夏は文庫の目印としてもらいましょうか。赤、白、紫と並べてみたいものです。見ていると暑さなんか忘れます。ほんの一瞬。(u)

準備万端

2017年7月30日

 本日も、暑い一日でしたね。この暑さのせいでしょうか? 午前中、一滴のとあるシステムがダウン! そんなこんなで午前中は、復旧にテンヤワンヤ。まぁ、大したことなくて良かったです。
 午後からは、いよいよ来週の東京出張に向けての調査項目の確認など、雑務をこなす数時間。ここで少しでも手を抜くと、何のために東京まで行くのかわからない……なんてことになりかねませんから、今日と明日でしっかりと事前確認です。今回は、毎度の東京出張といっても、その他楽しみのない一週間(笑)。しっかり、調査とお勉強に励んでくるつもりですので、帰ってくるころにはゲッソリと……いや、まるで悟りを開いた聖人のように、涼やか感じになってるかも…です。(S)

アザミ

2017年7月29日

 曇り空のむし暑い一日でした。
 朝方、庭の草むしりをしていたら竹人形館の脇に薄紫色の綺麗なアザミ(キク科)が咲いていたので写して来ました。アザミは棘があり食せない植物だと思っていましたが、ものの本によるとアザミの若芽、茎、若い根茎は、トゲトゲの姿のわりに、くせも苦味もなくて美味しいとの事が書かれていました。外見では判断できないものだなとつくづく思いました。
 午後から、遠方からのお客様が何組も来館されて一滴文庫は賑いました。(T)

イメチェン

2017年7月28日

 あの白いキノコが大きく固くなりました。なんでも枯れた木につくらしく、サルノコシカケの一種のようです。確かにキノコがついた木は、以前のように枝葉を出さなくなり、樹皮がああちこち剥げ落ちてきています。本館の屋根を一部覆い隠すほど大きくなっていたのはいつ頃だったでしょうか。根元に共生しているモミジはだいじょうぶだろうかと心配です。文庫の庭もだいぶ様変わりしました。切った木もありますが、枯れた木もたくさんあったようです。ここにはあれがあったんだよと、あれ、それと言われても、どれと返すしかありません。新しい木を植えたくても場所がなかった文庫の庭。不謹慎ですが、ようやく空きができてきました。(u)

稲穂

2017年7月27日

    午前中は曇り空で蒸し暑かったですが、昼過ぎから雨が降りだし涼しくなりました。
    月日が経つのは早いもので7月ももうすぐ終わりです。いつも散策している文庫裏水田の苗がいつの間にか大きくなり、稲穂を垂らしていたので写して来ました。つい先日田植えしたばかりと思っていましたが、もう稲穂を垂らしていました。写真の通り稲穂は、一粒一粒しっかりと米粒の形が確認できます。今年も美味しいお米が食べられそうで嬉しいです。
    午前中は、大阪から年配の男3人組が来館され、文庫をじっくり見学して帰られました。話によると今回で3回目だそうで、『私は水上勉の生き方が大好きなんです。私も小説家になる努力をして、小説家になれればよかったのに…』と話されて帰られました。(T)

冷やし過ぎにはご用心

2017年7月26日

 屋内水浸しの危機を回避するため、ドレンホースを付け替えました。尻尾が映えたように見えますが、決して引っ張らないでください。ブンナの部屋の年老いたエアコンが、自分の出した水を排水しきれず、床にお漏らししてしまったんです。排水口がホコリやサビで狭くなり、外のドレンホースにも傾斜がなかったため、内部の水の受け皿がいっぱいになってあふれたんですが、その時に居合わせたのが私、なんて運のいいことでしょうか。原因がわかればあとは橘曙覧の詩の世界です。このエアコン、電気は食いますが、すべてマニュアル操作、きめ細かい温度設定などできない代わりに、丈夫ですとのお墨付きをいただきました。ただ、よく冷える分、水もたくさん出てきますので、冷やし過ぎはやめてください。溜めすぎるとえらい目にあいますから。(u)

学芸員という役得

2017年7月24日

 本日、昼から少し時間が出来たので、渡辺淳先生のところで絵画の調査を行ってきました。先生が描いてきた絵を写真に収めつつ、その絵に関する情報をチラホラと! なかなかに楽しいひとときでした。先生は「どれもこれも同じようなもんばかりやから、しょうもないやろ」とか「こんなことまでするのは、大変やのぅ」とか言われていましたが、いやいやこれはこれで楽しいものです。たぶん、一緒にどうですかと周りの人たちに聞いたら「私も! 私も!」といたるところで手があがるでしょうが、これは私だけのお仕事です。

 まっ、これも学芸員の役得ということで。(S)

いっぷくするアマガエル

2017年7月23日

    朝からずっと曇り空のお天気で、久しぶりに強い陽射しから解放された一日でした。
   本館の玄関扉の窓枠にアマガエルが心地よさそうにしていたので写して来ました。他の窓枠にもたくさんアマガエルがへばり付いて、休憩しているかのようでした。一滴文庫は田んぼと山に囲まれているせいか、カエルが多いのですが、そのカエルを捕食するヘビもたくさん見かけます。
    トノサマガエルのブンナを主人公にした水上勉著書「ブンナよ木からおりてこい」の世界の有り様は、毎日この文庫庭園でも行われていて、私もよく見かけます。(T)

熱さ焼きつく

2017年7月22日

 木々の葉が、風に揺られてそよそよとなびいていました。さすがに文庫、下界の暑さをも和らげてます。それではと、庭に一歩ふみだしたとたん熱気で部屋に押し返されました。人の流れが全くないと熱気も逃げようがないようで、子供たちの歓声が恋しいかな恋しいかなと、セミが鳴いているように聞こえました。午後3時、日なたに数分、温度計を出してみれば、人間の体温をはるかに超えるているではありませんか。視覚というのは、時には体感以上に堪えます。(u)

軽い足音

2017年7月21日

 本日、園内を行き来する方々の足音が、やけに軽いような気がします。それもそのはず、本年度おおい町の政策コンテスト事前視察のために多くの大学生が来館。もちろん、暑さに負けないその足取りは軽やかなもの。さすがの若さ!
 できれば、その若さを存分に生かして、少しでも面白くて若い人が(もちろん年配の人も)ウキウキできるような政策を提案していただけるといいですね。

 しかし、昨日と今日で一滴文庫入館者の平均年齢が一挙に下がった気がします。この調子で、若い人にも堪能していただける場所に定着してくれるといいですね。(S)