木になります。

2017年6月3日

 文庫の庭を散策(彷徨ともいいますが)していると、一滴文庫の自然の豊かさを目にします。鳥が落としたのか、動物の毛に付いてきたのか、コブシの隣にサンショやヒノキが大きくなっていました。ここは収穫の済んだヨモギ畑なんですが、セイタカアワダチソウや野イチゴも同居しているため、その陰に隠れて今まで気が付かなかったみたいです。簡単に言ってしまえば、ほったらかしの場所が故ですが、庭の木々の中にもこんな状況で大きくなったものもあるんです。それを見て「?」と思うものは十中八九人の手で植えた物ではありません。そういう意味では、庭だけゆっくり散策してみるのも面白いものです。お手頃の苗木が見つかるかもしれません。
 そうして大きく育てた苗木が文庫の庭に戻っていきました。元気に育ちますように。(u)