つくし

2017年3月25日

 写真は、竹紙漉き工房の脇に生えていた土筆を写してきたものです。陽射しも暖かくなり生えてきたようです。今日はこの暖かさも後押しして、おおい町近隣の市町村に住むお客様が、個人やグループでたくさん来館され文庫は賑いました。
 福知山からのご学友のグループの方々は、20分程の短い見学時間で、文庫の門をくぐり、急ぎ足で本館1Fと竹人形館を散策して帰られました。もう少し時間をとって頂けると水上文学の奥深さを味わっていただけるのですが……。(T)