1月2017

千客万来

2017年1月30日

 本日朝から、「(S)さんおるか?」とお客様。「あぁ、〇〇さん!」と受け答え。しばらく六角堂でワイワイしてたら、時計の針が進むこと進むこと。「あっ、もうこんな時間! 帰らねば」と見送ったのもつかの間。次のお客様が「お、(S)さん、こんにちは!」と足を踏み入れられました。そのお客様も、しばらくしてお帰りになられた。そうこうしていたら、あぁそうだ、今日は外回りがあったと気が付き、お昼頃に外勤にGO! 帰ってくると「君にお客さんがあったよ」との伝言が……。また? 誰だ? と首をかしげていたら、一台の車が駐車場に! 降りてこられた男性が「あぁ、(S)さん、ちょっと今いいかい?」。と、まぁ面白い話を聞かせていただきました。
 今日は、いったいどうしたことだ(今日だけに限ったことではないかもしれませんが。)? 疑問が頭を駆け巡りましたが、そんな疑問はすぐに氷解。そうです、今日は劇場のホワイエで2月から実施の「福・福展 ~招き猫コレクション~」の準備をしておりました。恐るべし招き猫。まだ、展示準備中にも関わらずこの威力!
 皆様も、ぜひ招かれてください。たぶん予想以上にすごいコレクションですよ。(S)

お受験

2017年1月29日

 その記憶は失われつつあります。いや、ほとんど思い出せないと言った方がいいのかもしれません。そう、受験勉強なんてどうやっていたのか。
 今日はそんな受験を控える生徒が勉強にやって来てくれました。冬のこの時期、客足が遠のく文庫の静寂は、勉強するのにはもってこいのようです。雪に覆われるとより一層静寂に包まれるようで、鉛筆を走らせる音が漏れ聞こえてきました。家にいるといろんな誘惑があるのではかどるでしょうね。
 図書室の場所は狭いので利用は先着順となりますが、いつでも利用してください。ただし、コーヒーを飲みながらの方は六角堂でお願いします。(u)

拙い展示ですが

2017年1月28日

 あれは先日のことです。来館されたお客様が熱心に企画展をご覧になられていたので、つい声をかけると、いろいろと面白い話になりました。

 「僕は、昔、小説家になりたかったんだ。でも、諸々の事情でなることができなかった。まぁ今では、それで良かったと思う。だって、こんな大変な思い(企画展の内容を俯瞰して)は僕にはできないよ。もっと楽に稼げる職業だと思ってたんだけど……」という旨のお話をしていただきました。小説家という職業は、小生からすると表面楽天、裏地獄(ちょっと表現が悪いですけど)みたいになものですかね~とお返事すると、「表は繕って、すごいんだぞ! みたいな感じにしとかないと誰もその人の本を読んでくれないのかな(笑)。その分、その人を支える周りの人が地獄なのかもね。やっぱり、僕には無理だ~」とのことでした。

 その他にも、短い時間で、様々な言葉を交わすことができ、なかなか有意義なひとときを過ごすことができました。そして、最後に「この企画展は、とても良かった。小さいながら主題がはっきりしているし、それを私たちが考えることができる。よく地方の博物館に行くと、この資料を見てください! みたいに、物を置いて説明文を置いているだけというものをみかけるけど、この展示は水上勉という人がどのように水俣病を考えていたのかがよくわかるし、そのことを今の私たちが考えなければならないと感じる。これを作るのは大変だったでしょう」との一言をいただきました。ありがたいことですが、要所要所に間違いがあったり、資料の関係で歯抜けのような表示になったり、穴があったら入りたい限りですが、このように考えて展示をみてくれる人が一人でもいてくれたことに感謝です。(S)

晴れのち雨で雪融ける

2017年1月27日

    午前中暖かい陽射しがあり、積もった雪が溶けてくれ、屋根に積もった雪がドサッドサッと音をたてて落ちていました。
   
午後から、2組の遠方からのお客様があり1組は栃木県から、もう1組は横浜からお越しのお客様でした。どちらの方も、「以前から水上勉の建てた一滴文庫に一度行ってみたいと思っていて、やっと来れました。素晴らしいところです。又、良い季節に来たいです。」と話してくれました。まだまだ寒い時期ですが、ぼちぼち来館者が増えてきました。(T

冬の来客

2017年1月26日

 雪で客足が遠のくのは寂しいものですが、代わりに文庫の庭は小鳥たちで賑わっています。ヒヨドリ、ジョウビタキ、スズメなどが木の実や花の蜜、膨らみ始めた花の蕾までつついていました。クロガネモチやマンリョウの赤い実がいつのまにやらなくなっていましたが、軒下の梁の上にいたスズメがふくよかだったこと、おいしくいただいてもらってなによりです。しばらくは、本日の入館者はその他何羽となりそうです。(u)

贔屓、いいえ優遇です

2017年1月25日

 本日、朝からの雪かきで、もうヘトヘトです。ここ数日は、朝から晩まで雪かきの連続だったような……。それでも、めげずに朝から雪かきしてると、来てくれるもんです、お客様(笑)。やってて良かった庭の雪かき!
 しかも、本日は帰りがけにお土産までいただきました。いつも思うのですが、ここ一滴文庫の受付に座っていると、多くの方々から差し入れが入ります。今日はお米ですが、お菓子、お野菜、服、雑貨……etc。生活するには、困りません。何だか、他の施設に比べると贔屓(優遇)されている気がしてしょうがないのですが、これも一滴にいる役得と、帰ってご飯をかみしめます。
*贔屓と優遇の定義の違いはあるでしょうが、これはあくまで優遇だと考えています。だって、私は〇〇〇〇ますもん(笑)。(S)

またまた大雪

2017年1月23日

    昨晩から雪が降り続き、朝起きてみると外には340センチ程も雪が積もっていました。先日降った大雪の時にも私は歩いて文庫に出勤したのですが、今朝も歩いて出勤となりました。主要な幹線道路は除雪されているのですが、脇道や歩道となると除雪は無理みたいで、車とのすれ違いに注意しながら歩いて来ました。道中、除雪されていない道路で車がスリップして立ち往生している所を何度か目撃しました。今日もまた文庫の雪かきに勤しみ、ダイエット効果のある一日を過ごしました。(T

話し相手

2017年1月22日

 静かなのは大好きですが、一滴文庫もとなるとちょっと寂しくなります。話し相手が身内ばかりでは飽きてしまうものです。おかげで、庭の草木の様子が気になり、声をかけるようになりました。今日は葉っぱの下に身を隠しているふきのとうとのご対面です。おいしくなれよとかける声も弾んでしまいます。
 昨日は学生さんたちによる、まちづくり制作発表会を見に行ってきましたが、町のことをよく考えてくれていました。それにならってではないですが、文庫でも〇〇狩りなどやってみたいものです。(u)

大風の後で

2017年1月21日

 昨日の大風には悩まされました。夜、窓ガラスを揺らすガンガン、バタバタ…という激しい音! 一滴文庫は大丈夫かな? と心配して出勤してきましたが、少し小物が散乱していたくらいで、あとは問題なし! 良かったです。しかし、先週降り積もった雪がだんだんと解けてきて、地表があらわになってくると、別の問題が……。そこかしこで、雪の重みに耐えきれず折れた木の枝、根元からグニャっと曲がった草花。先日の徒然草にも書きましたが、しばらくすると元に戻ってくれるのが毎年の常ですが、そんな後片付けをしていると、気分ばかりが滅入ってきます。(S)

つかの間

2017年1月20日

 長屋門前の梅の花がちらりほらりと咲き始めました。盆梅に使われそうな老木ですが、今年もたくさんの蕾を付けてくれました。最後のひと花ではないでしょうが、ここ数年、実をあまり付けなくなった分、花の勢いが増したような気がします。そういえば、大きさ桜の木が倒れる前も見事な花を咲かせていましたっけ。
 冬にはめずらしく虹が架かっていました。7色に見えましたでしょうか。(u)