12月2016

雪に踊る

2016年12月16日

 今日は待ちわびていた雪が降りました。アラレやミゾレではなく、ひらひらと舞い落ちる雪です。寒いだけの冬はいやですが、雪が舞うとわくわくします。変わり者といわれても気にしません。タイミングよく、「文庫の冬の写真を使わせてもらいたいのですが」との問い合わせがありましたが、雪景色の写真はあるにはあるのですが、雪を楽しむあまり建物が主役でないのに気づきました。たくさん積もった雪に興奮していたようです。来年の目標は冬春夏秋、ドローンで全景撮影とします。あくまでも目標です。(u)

菖蒲の種子

2016年12月15日

    ねずみ色の雲が空を覆う寒い一日でした。昨日は福井県の嶺北地方で初雪が降ったと天気予報で放送していました。おおい町でも今朝方、霙や霰が降って自動車が薄っすらと雪で白くなったと話題になっていました。
   
写真は本館前に生えている枯れた菖蒲です。ピンと伸びた茎の先に種子を包む「外果皮」がついていて、この「外果皮」を振ってみると、こんなに沢山の黒い種が出てきました。この種を春先に庭のあちこちに蒔いて、菖蒲を増やしてやろうと企みスタッフに相談したところ、菖蒲の種はなかなか発芽し難いとのことで、あっさりと諦めました。庭には色々な植物が生えていて、この時期に変わった形の「外果皮」を見つけるのは冬場の楽しみの一つです。(T

※外果皮=種子植物の心皮が発達してできた果皮のうち、いちばん外側の層。桃では毛があり、リンゴでは赤、ミカンでは橙色 (だいだいいろ) をしている部分。

2016年12月14日

 先日のことですが、企画展をご覧になられているお客様から「そうだ、猫狂い。これだ、水俣病だったんだ」との一言が聞こえてきました。お話をうかがってみると、まさに60年前くらい前にテレビでヨタヨタとまっすぐ歩けない猫の映像が放送されていたのを覚えていたけど、何の関係の映像だったかを覚えてなかったとのこと。今回の展示で、あの映像と水俣病がつながり当時のことを思い出して納得したとのことでした。お客様曰く「あの当時は、本当に前しか向いてなかった時代だったからね。病気が悪いんじゃなくて、病気になった人が悪いというような風潮は確かにあったよ。しかし、これは今考えると水俣病だけの問題じゃなくて社会全体の問題だったんだね」
 展示を企画する担当者としては、これだけのことを考えてくれる見学者を得ることができたのはうれしい限りですが、内容を考えるとやりきれない気分になるのも事実です。当時、あの水俣病の現状を直に調査して「海の牙」という小説を残した水上先生は、どんな思いだったんでしょうか。(S)

おいしいところ

2016年12月12日

 ナンテンやマンリョウ、クロガネモチの赤い実は、木々にとっても小鳥にとっても大切なものですが、人様にとっては縁起がいいだけのもの、お口に入るわけではありません。お猿がつまんでいたので食べることはできるのでしょうが、そこまでの勇気はありません。で、そうなるとやっぱりこれになるでしょう。どうぞとばかりに冬いちごがおいしそうにいるではありませんか。普通は山に入っていかないと見つけることはできないのですが、文庫の敷地に自生しているんです。職員で目ざとく見つけるのも私だけになった故、少しづつ楽しまさせてもらいます。(u)

冷たい雨

2016年12月11日

 朝から冷たい雨が降り寒かったです。庭の樹木は葉を落としてしまい枝ばかりとなりました。そんな中、赤い椿の花や白い山茶花が目を惹きます。
 
今日は生憎のお天気でしたが日曜日ということもあり、午前中は能登からの団体様、午後からは滋賀県、あわら市からマイカーでのお客様や京都からの学生さん達がお越しになり、賑わいました。六角堂の薪ストーブはとても暖かく、お客様達の火を囲んでの集いの場となっていました。(T

こんな天気なのに

2016年12月10日

 本日、朝から嫌な天気です。こんな日は、お客様も少ないに決まってます……ほら、ミゾレまで降ってきた。と、落胆していましたが、そんななかでも、お客様はお越しになられます。そんな方々とお話させていただくと、様々な発展がございます。写真展を見学に来られた方とお話させていただいていると、写真展の出展者さんとお知り合いだったようで「あ~彼、まだ写真やっていたんだ。良かった」とのお話。後日、この方にお会いして、今日の話をするのが楽しみです。どんな展開になることやら。その他、企画展の広報で毎日新聞に掲載された一文をわざわざ切り取ってお越しいただいた方や、天候不順のため登山を断念したかわりに一滴文庫にという方など、皆様とそれぞれお話させていただいて、なかなかに楽しいひと時を過ごさせていただきました。(S)

火の用心

2016年12月9日

 町の有線放送から火事の知らせが流れ、消防団にも出動の要請が出ていました。しばらくして、無事鎮火の放送も入りほっとしましたが、木造の文庫もこの時期は特に要注意です。どこかでサイレンがなんて他人事では済まされません。(u)

山吹色の山

2016年12月8日

    早朝は霙が降り、とても寒かったです。午後からは天気も回復して青空が広がりました。
   
文庫から見わたせる山々の上の方が、山吹色に紅葉していて綺麗だったので写してきました。文庫の裏山には、送電線の鉄塔が幾つも立っています。ちょうどこの鉄塔の下あたりが日当たりが良くて、樹木は黄金色に紅葉し、色付いていました。もしこの鉄塔がロープウェーだったら見晴しは抜群だろうなと眺めていました。(T

大雪

2016年12月7日

 本日は、二十四節気でいうところの大雪(たいせつ)ですね。どうりで寒いわけです。
 朝、家で目が覚めると、凍えるような寒さに気が付きます。文庫に出勤して朝の掃除に取り掛かったり、様々な人たちと話をしたり、暖房に火がともったりすると、だんだんと活気が暖気に変わってくる気がします。皆様も寒い一日の過ごし方として、一滴文庫で達磨ストーブを囲んでの談笑などいかがでしょうか。多くの来館者に恵まれますと、お客様だけでなく職員も温まります。(S)

見晴らし

2016年12月5日

 この季節の晴天の日は、空気が澄んで音がよく伝わってきます。空の上から話し声が聞こえてくるので見上げてみると、山の鉄塔に人だかりが見えました。よくもまあ、あんな高いところで話ができるなと感心しきりですが、景色を眼下に一望できるのはうらやましい限りです。文庫はどんなふうに見えているのか、一度聞いてみたいものです。(u)