文庫の灯り

2016年12月2日

 文庫の灯りは電球色のオレンジ色が基本で、本を読んだりするのには少し暗く感じますが、太陽が山の影の入り暗くなり始めた時のこの灯りは、なんだか暖かく感じます。閉館時間の午後5時前には周囲が暗くなり、園内に灯りがない文庫に浮かび上がる本館や六角堂のオレンジ色の光は昔の家の灯りを思い出させるんですね。この風景はこの時期だけのものです。特に曇天のときは4時前からご覧いただけます。
 展示の照明を明るいものに替えたいのですが、これを見ると替える気が毎年なくなります。(u)