ゴーシュ

2016年11月27日

 文学コンサートでの「セロ弾きのゴーシュ」の朗読を覚えておられるでしょうか。受付担当でもあり、「セロ弾きの」たるものを全く知らないこともあり、聴くことはしなかったのですが、ご覧になった方から聞く言葉は感動の一言、後悔先に立たずでしたが、なんと、「セロ弾きのゴーシュ」の朗読があるではないですか。これは聞かねばと、出かけてきたのですが、面白いと思っても「感動」の言葉に「?」が付きました。比較はいけませんが、文学コンサートでは朗読もチェロもプロ中のプロ、竹林を背景にした舞台といっしょになればかないません。
 今回おじゃましたのは、児童青少年演劇まつりというもので、読み語りや人形劇、演劇が2日間に渡って行われました。竹人形の人形繋がりではありませんが、私を含め、子供より大人が一番楽しんでいたように思いました。笑い声で包まれる劇場も見てみたいものです。(u)