本の山

2016年11月10日

 見てください、この本の山。総数約300冊、すべて水上作品……圧巻です。これは、とある水上ファンからの寄贈本です。「もう年齢が年齢なので、これまで大切にしていた本を処分しなければならなくなりましたが、思い出もあり、ただ捨てるのは忍びないので……」ということで、ご寄贈を決意。先日、無事に文庫に送り届けていただけましたが、大きな段ボール箱が7つ。すごい量です。しかも、一冊一冊が大切にされていた本、あだや疎かにできません。それで、本日昼から少しづつ事業仕分け(文庫にある本、ない本を分けたり、文庫にあっても装丁などが違う本などを分けていました)を行っておりました。全てを確認するには、まだまだ時間がかかりそうですが、これはなかなか楽しい作業です。水上作品にどのような物があるのか、どのような装丁がされているのか、一冊ごとに目を通すには最適な作業になりそうです。
 ただ、時間のある時にしかできそうもないので、いつ終わることやら。(S)