冬の主役

2016年11月2日

 薪ストーブの揺らめく炎が恋しい季節となりました。どこかでは早くも薪ストーブに火が入ったようですので、文庫もそろそろ出してくるとしましょうか。火入れはもう少し待つとして、しばらくは見るだけになりますが、そこは想像力豊かに暖まってください。
 今年は広葉樹の薪を薪小屋いっぱいに作りました。薪小屋いっぱいといっても、毎日使えば1ヶ月持つかどうかの量ですが、いつもと違う雰囲気を味わえるのではないでしょうか。ほっこり顔がいくつ並びますやら。(u)