帰雁忌が終わって

2016年10月23日

    小雨降る曇り空のお天気でした。
 昨日は、若州一滴文庫の一大イベントの「帰雁忌」が行われ、各地から大勢の水上ファンが文庫に押し寄せました。本館では地元の文化サークル「白玉会」のお抹茶席が設けられ、くるま椅子劇場では「葉風会」の琴の演奏が行われ、着物姿の女性が秋の一滴文庫に華を添えてくれました。今日は、そんな帰雁忌の後片付けに追われる一日でした。
 昨日の「帰雁忌」式典は、大飯中学3年生による水上勉作「停車場有情」の素晴しい朗読から始まり、和やかな雰囲気で式典は進んでいきました。来賓あいさつの後、「第七回水上文学の風景写真展」表彰式並びに講評が行われ、審査委員長の講評では、出品者の写真撮影の技術が年々向上してきて甲乙つけがたい作品ばかりでしたと応募者を称賛しました。
   
帰雁忌のメインイベント記念講演会は、元岩波書店社長山口昭男氏が講演されました。編集者時代に水上勉の原稿取りをしていた頃は、水上勉からたいへん可愛がってもらったエピソードなどを写真を交えて話され、聞きに来た人達を楽しませてくれました。続けて、さとうともに夫妻によるオカリナコンサートが行なわれ素晴らしいオカリナの音色に来場者は酔いしれました。今年の帰雁忌も大変意義深いものとなりました。
 

「第七回水上文学の風景写真展」の入賞、入選作品は、くるま椅子劇場の玄関通路に展示されています。1228日まで展示しますので、来館時には是非ご覧下さい。(T