サルスベリ

2016年7月22日

 一滴文庫に訪れる季節はワンテンポ遅れるようで、ようやく百日紅の花が咲き始めました。私の庭でも町角でも赤やピンクや紫の花が咲き誇っていますが、文庫にある3本の木うち、咲いているのはこの一輪です。夕子の生まれ故郷では、百日紅の並木が帰りを待っているように、今年も真っ赤な花を咲かせているんでしょう。
 日差しは厳しいですが、吹く風は心地がいいです。室温30度でも冷房なしで過ごせました。(u)