7月2016

町内の皆様、気が付きましたか?

2016年7月31日

 本日、朝一で新聞を開いてみると、なんと! そこには「文学コンサート」のチラシが入っているじゃあ~りませんか。そうです、コンサート開催の2ヶ月前になりましたので、さっそく新聞の折り込みをお願いしてみました。さて、反響はどんなものでしょうか。
 本件を担当している小生からしてみれば、せっかくの一滴文庫を売り込む絶好の機会なので、全国の全新聞社に一斉に折り込み依頼を! と、言いたいところではありますが……文庫の懐事情(笑)を考えて、おおい町内(しかも福井新聞さんと日刊県民福井さん)だけにしときました。しかし、これほどのメンバー(ピアノ:今川さん、チェロ:水谷川さん、朗読:飛鳥井さん)が集まることは、これからもないでしょう……ということで、毎回イベントが終了した後でよく言われる「えぇ~知らなかった。知っていれば行ったのに~」という戯言をできるだけ回避するかのように、広報活動に勤しみたいですね。(S)

夏深まる

2016年7月30日

    青い空に白い雲がくっきりと浮かぶ夏空の一日でした。
   
陽が陰る夕方頃になるとヒグラシが鳴き始め、一滴文庫は視覚も聞こえてくる音も涼しげになります。今年はナンジャモンジャがたくさん実をつけ豊作です。葉の裏にはミノムシが巣を作っていました。
   
午後から、一人でお越しになったお客様が何組もあり、じっくり展示を見学されていました。大勢でワイワイガヤガヤとする見学もいいですが、一人でじっくり見学するのも良いものですね。(T

今日は文庫の電器屋さん

2016年7月29日

 壊しているわけではありません。除湿機のファンからおかしな音がしたので開けてみたところです。ファンとモーターの間にあったファンの止め具が壊れてファンが動いて当たったせいでした。扇風機と同じで回る羽を止めるものがないと前へ進むのは当たり前です。止める部品がないので接着剤を注入しておきました。さて、どうなることやら。機械とて人と同じで使い続ければどこかにガタが来ます。人が風呂に入るように掃除をしてきれいにしてやることも必要です。ちょっとまずいよと何がしかの信号を送っているはずなんですが。気づいてやってください。どれだけ副業をこなせばいいのやら。(u)

心配事が多くって

2016年7月28日

 こんなにも暑い(いや、これはもう熱いか)一日なのに、何組ものお客様に恵まれる一日でした。本館に入る度に皆様の口からもれるのは「アチィ~」や「あぁ、ここは涼しい」などなど、申し合わせたように同じ言葉です。そんな皆様方とお話させていただくと、まず目に飛び込んでくる当館のポスターに興味をそそられる方々が多いようです。先ほども、お友達同士で来館のご婦人方、お一人とお話させていただいていると、もうお一人の方が、ポスターに釘付け! あぁ、この劇場でのコンサートは素晴らしいでしょうね~という一言から始まり、9月25日の「文学コンサート」の説明もさせていただくと、即座に「チケットを!」のお申し出。うれしい限りです。帰りにそれぞれ旦那様の分と合わせてご購入いただきました。かなり期待に胸膨らませているご様子でしたが、そのご期待裏切るつもりはありません。今回の「文学コンサート」については、かなりハイレベル、且つハイクオリティになること間違いなしです。約90分間、ご来場の皆様を退屈させることはないでしょう……と、小生が息巻いてもしょうがないのですが、心配は実際のコンサートよりも小生自身の方にあります。残すところ、あと二か月、それまでに当日パンフは仕上がるのか(先日のコンサートの時よりも更に良いものを)、チケットの販売はうまくいくのか(出来るだけ、知らなかったという人を減らしたい)、出演者の皆様の調整はバッチリか(これはもう半分は今川さん頼みですが)、当日の演出は本当に大丈夫か(こっちは半分飛鳥井さん頼みです)、そして当日まで小生の体力は持つのか(笑)。本当の問題は最後の一点でしょうが、本年度後半の企画展の準備、原稿の執筆(予定ですが)、職場体験の準備、帰雁忌の準備、その他にもやらなければならないことは山の様。
 本日は紅顔でも、明日は白骨か……。そのうち干からびてしまいますね。ゲッソリ。(S)

夏休み

2016年7月27日

    ジッとしているだけで額から汗がたらたら流れる猛暑日でした。
    学校が先日から夏休みに入り、あちこちで子供と外出する家族を見かけます。今日は本郷小学校の女の子二人が夏休みの宿題をしに、涼しい文庫図書館にやってきました。午後からは虫取り網を持って庭を駆け回っていました。やはり子供達は元気ですね。暑さなんてへっちゃらの様でした。夏休みは始まったばかり、緑豊かなくつろげる文庫に足を運んでみて下さい。(T)

無言

2016年7月25日

 茶釜と柱時計が軒先に並べられていました。両方とも六角堂にといただいたものなんでしょうが、囲炉裏で火を焚きお茶を入れることも、正確に時刻を刻むこともなくなって、今では電気ポットと電気時計にその仕事を譲り、ひっそりと人目を避けるように置かれています。今日は年に数回の日向ぼっこの日で、こうして日の目を見ているんです。ほんとは捨てられてもおかしくはないのですが、文庫の歴史の一部を捨てるに捨てられずにいるんです。六角堂にはもうひとつ、重いがためにずっと動かされることなく据え置かれているものがあります。手動のかき氷機です。手入れをすればまだまだ使えるのですが、夏だけのために誰も相手にしてくれません。ま、六角堂に「かき氷」ののぼりがはためいても、今はやりのふわふわかき氷器が主役で、横に飾られるだけでしょうけど。
 でも、使わなくなったからといっても不要物ではありません。文庫とともに大切な宝ですから。(u)

親から子へ

2016年7月24日

 夏真っ盛りというような暑い一日でしたね。ですが、一滴文庫内は風が通り緑も多いことから、町中に比べると比較的涼しさを感じます。そんな文庫を楽しみに、本日も様々な方面からのお客様をお迎えすることができました。中には、(年配のご夫婦と乳児をつれた若いご夫婦のお客様)帰りがけに「〇〇と申しますが、〇〇先生は今日はお越しじゃないですか?」とのご質問をいただき、「本日は残念ですが……」と答えさせていただきました。すると「劇場のホワイエに子供の絵を展示していただいているのを見せていただきました。とても嬉しかったです。先生にありがとうございますとお伝えください」との一言が! あれっ、と思い、ホワイエを確認してみると、そのお名前の絵が数点飾ってあるじゃありませんか! しかも、その時一緒に来ていた若いご夫婦(お子さんを抱っこしていました)のどちらかが、その絵の作者だとしたら……。今日はお父さんお母さんの腕の中にいる子供さんがいつか自分たちの意思で文庫を訪れ、ホワイエでお父さんお母さんの絵を見つけることになるかもですね。その時の一言はたぶん「劇場のホワイエにお父さん(お母さん)の絵を展示していただいているのを見せていただきました。とても嬉しかったです」という感じでしょうか。果たして、小生がそんな瞬間に立ち会うことはできるでしょうか。(S)

水無月祭

2016年7月23日

    風も無く暑い一日でした。
    今日はおおい町本郷の日枝神社で「水無月祭」が行われています。商店街に貼ってあったポスターで知りました。写しに行くことは叶いませんでした。地元の人達から「かわそさん」の愛称で親しまれる同神社の例祭です。厄を海にあらい流すため、神輿を担いだ男衆が海に入るという活気あるお祭りです。
暑い夏をのりきるには活気が必要ですね。若狭湾の人達に幸ありますように。(T)

サルスベリ

2016年7月22日

 一滴文庫に訪れる季節はワンテンポ遅れるようで、ようやく百日紅の花が咲き始めました。私の庭でも町角でも赤やピンクや紫の花が咲き誇っていますが、文庫にある3本の木うち、咲いているのはこの一輪です。夕子の生まれ故郷では、百日紅の並木が帰りを待っているように、今年も真っ赤な花を咲かせているんでしょう。
 日差しは厳しいですが、吹く風は心地がいいです。室温30度でも冷房なしで過ごせました。(u)

経験

2016年7月21日

 本日、朝から個人でお越しのお客様、団体のお客様、打ち合わせの方々、次から次へとひっきりなしの対応で大活躍となった一滴文庫(擬人法的な)でした。そんな中でも、平均年齢が80歳ほどになるかという団体の皆様、一滴文庫に興味津々で次から次へと質問攻撃をいただきました。うれしいものです。なかでも一番小生の心に残った会話は、90歳に手が届くと言われていたお客様とのものです。「私は、生まれた家が造園にかかわる家柄だったので、小さいころからお庭を見て回るのが好きでした。色々なお庭を親に連れられて拝見させてもらいました。そんな中でも、ここは一風変わってるように感じます。造られたものという感じがあまりしないのに、整っている。一見すると、こんなところにこんな草木がと思うのですが、全体を見てからそこに目を戻すと調和を感じる。すごいものです」という趣旨のご意見をいただきました。周りの人たちからの質問に答えながらの会話でしたので、たぶんこんな感じだったかと思いますが、とてもうれしいお言葉でした。つい、小生も他の方々との問答もそこそこに「日本人が思い描く自然の風景は、里に住む多くの人たちの手によって作られる(保たれる)里山の風景ではないでしょうか。ここ一滴文庫のお庭は、多くの人たちの手が入り、30年かけて今につながる風景になっていますから、小さな里山みたいなものかもしれませんね」と一言。それに対するお言葉をもらうことはできませんでしたが、その場でニコリと笑みをいただき、本館に進んでいかれました。
 ここ一滴文庫にいると、本当に様々な経験をさせていただきます。言葉と言葉を交わし、言葉に表情で返され、言葉を文字に残し、そこに挿絵が入ることなんかも……。他ではできないような経験がいっぱいです。それを受ける感性が小生にもまだ少しだけ残っていたことにも驚きですが。(S)