4月2016

トンボ

2016年4月30日

    昼過ぎから強い陽射しとなりましたが、風が吹き過ごし易かったです。
   
早いもので四月も最後日となりました。昨日からゴールデンウィークに入り、遠方からのお客様が多かったです。庭で今年一番のトンボを見つけて写して来ました。名前はおそらくシオヤトンボ(♀)でしょう。トンボは種類が多すぎて名前は不確定です。どこの水田も田植えが始まりました。カエルが鳴き、空にはトンボが舞い、色とりどりの春の花が咲き始めました。(T

ハナがあれば

2016年4月29日

 今年は出だしは早いようで。といっても、自然界の話ですが、ナンジャモンジャの花が連休前に咲き始め、アシナガバチが巣を作り始めたのでです。ナンジャモンジャは実をつける木で、アシナガバチは女王蜂が一匹で、男はいったい何をしてるのでしょうか。
 よいお天気が続けばゴールデンウィーク後半には、文庫に季節外れの雪化粧が現れそうです。(u)

雑草

2016年4月28日

    今日は一日中雨が降っていました。
   
玄関先の藤棚の藤が大変綺麗だったので写して来ました。雨で薄紫色の花弁が濃く見えました。この時期植物の成長が非常に早く、一番の悩みの種は雑草がみるみる成長することです。雨が止んだら草刈に励もうと思います。
岐阜県から大型観光バスでの団体様やゴールデンウィークで実家に帰省するお客様が来館し、今日も文庫は賑いました。

対話法(問答法)

2016年4月27日

 本日朝から、個人様に団体様、六角堂利用のお客様と、多種多様な来館者に皆様に恵まれて、大変有意義な一日となりました。そんななかでも、団体でお越しの皆様からは、次から次によせられる質問のアメアラレ。それらの質問に答えながら、頭の中では「あっ、そんなとこに疑問が! この疑問を深く追求すると、今後の展示にも反映できるかも」や「この話は、今書いている原稿に反映できるな」などなど、様々な思考が小生の中で構築されておりました。お客様との会話を進めるなかで見つかる新しい発見や、知識の裏付けの補強などができると気分はもうソクラテスです(笑)。
 そういえば、以前、職場体験で来館してくれた中学生たちとの会話(休憩中、神様について話をして下さいと水を向けられ)でも、同様のことがらが頭を過ぎってました。ということは、いずれ「若者をたぶらかした」という罪状で毒杯を仰がなければならないことになるのでは……こちらは、間違った思考ですね。(S)

タケノコ

2016年4月25日

 遅まきながら、文庫にもタケノコの便りが届きました。長屋門前の黒竹と劇場竹林の真竹です。黒竹は竹筆作りに、真竹は竹人形公演になくてはならない文庫の逸品です。が、黒竹は数に限りがありますし、真竹は大きくなる前に食われたり折られたり、ここ数年無事に育ったためしはありませんし、出てほしい場所にでてくれません。この真竹のタケノコも出てきた場所が場所なんです。
 6月の竹筆作りと竹人形公演までどれだけ出てくれますことやら。「マツの木ばかりがマツじゃない」と言いますが(古!)、マツしかないのが自然の摂理です。(食べたいも自然の摂理)
 今日は昼から隣の中学校の写生会で賑わいました。タケノコも子供たちのようにすくすく伸びてくれませんかね。(u)

ツツジとヤマブキ

2016年4月24日

    曇り空で気温もさほど上がらず、心地の良い一日でした。暖かい日が続き、庭の花の蕾がどれも大きく膨らんでいます。特にツツジは今年いっぱい蕾をつけているので開花が楽しみです。茅葺館前のヤマブキは満開で黄色が鮮やかです。
  
今日は、午後からいくつもの団体様が来館し文庫は賑いました。(T

「ここぞ!」の力

2016年4月23日

 本日、六角堂閉店間際(六角堂の営業は4時までなんです)に一組の親子さんが来館。お子さんに「図書室かな?」と聞くと、帰ってくる答えはルンルンで「オモチ」。ん…? あっ、六角堂だ! と気付いた小生は、すぐに厨房に行き、閉店準備中のスタッフさんに「まだ行けますか」の一言。すぐそばに控えていた子どもさんを確認したスタッフさんは「まだ行けます!」。さすがに、ホッとしました。だって、あんなに楽しそうに「オモチ」と言われたのに、もう閉店ですから……と言えるべくもなかったものですから。
 しかも、そのすぐ後には、六角堂から何ともかぐわしいきな粉の香り。日頃あまり表舞台に立たない六角堂スタッフさんたちの、ここぞ! という時の手際の良さには感服いたします(いや、褒めておけば明日何か出てくるかと思って……)。(S)

ナンジャモンジャの木の若葉

2016年4月22日

    曇り空のお天気でした。庭の草木が青々と成長してきました。4月も後半になり、お楽しみ樹木のナンジャモンジャの季節がやってきました。木の枝からは若葉がいっぱい生えていました。昨年の52日にはナンジャモンジャは開花していたので、今年もこの調子で行くと5月の初め頃には白くて雪のようなナンジャモンジャの花が見れそうです。(T

ツツジ

2016年4月21日

 このツツジがここに植えられた姿をご存知の方は何人いいらっしゃるのでしょうか。私は枯れかけた姿と、無残にも切り取られた姿しか記憶にありません。あまりにも切られた姿がみすぼらしいので、形を整えてやったくらいです。それから5年あまり、切り株の両端から芽を出し、今年ようやく花が咲くまでになりました。白いツツジだったんですね。葉も花も清々しいです。時にはバッサリと、時にはジックリと、難しいものです。今年はツツジがたくさんの蕾をつけています。久方ぶりに庭がツツジで埋め尽くされそうです。(u)

竹人形文楽

2016年4月20日

 本年もいよいよ、この季節。そうです、竹人形文楽の春です。

 今月の18日から始まったチケットの予約ですが、6月18日(土)の公演はすでに完売! 19日(日)も残すところ約半数……。予約を開始してから、まだ二日程度(開館日計算で)しか経過しておりませんが、爆発的な人気です。嬉しいかぎりではありますが、19日を予定して、そろそろチケットの予約を……と、考えられていたお客様には、申し訳ないかぎりです。
 様々な行事を予定している本年度、この勢いそのままに次の行事、そのまた次の行事とテンポ良く進んでいきたいですね。(S)