3月2016

コブシを見上げて

2016年3月31日

 佐分利の谷がコブシで飾れれてきました。殺風景な山肌に白い花が一段と目立ちます。この咲き具合ですと、今年はどうやら豊作のようで、田植えに向けての作業にも力が入ります。ま、ほとんど機械にまたがっているだけですが。
 27年度も今日が最後、なんやかんやあるから次へと勧めるのです。明日の4月1日を楽しみましょう。(u)

いよいよシーズン

2016年3月30日

 良い時期です。寒くもなく暑くもなく、そして何よりお外の空気が気持ちがいい。それもそのはず、一滴文庫のお庭では、春の花々が見事に咲きだしております。マンサク、サンシュユ、ボケ、雪柳。どれもこれも見事です。そして、真打ちは桜です。現在、五分咲きといったところでしょうか。満開になるのもあと数日。待ち切れない方々も多いのか、平日にも関わらず、多くのお客様をお迎えすることができました。
 さて、これから出来るだけ晴天が続いてほしいものです。雨風少なく、桜長持ち…期待してますよ、天候さん。(S)

つくし

2016年3月28日

    写真は、春の陽射しでいっきに伸びた土筆を写してきたものです。この暖かさも後押しして、近隣に住む家族や遠方から来られたお客様で文庫は賑わいました。その中に愛知県岡崎市からリュックを担いで来た男性がいました。「水上作品は愛読書で、水上勉が若州一滴文庫を建てたことは知っていましたが、ここにあるとは思いもしませんでした。近くの道の駅で知り、今日はじめて伺うことが出来ました。素晴らしい所ですね!」と話して下さいました。一滴文庫はなかなか分かりずらい所に在り、水上ファンにとってはありがたい「道の駅」だったみたいです。(T

鉄路

2016年3月27日

 文庫へは車で来られる方が大半ですが、電車をご利用される方もいらっしゃいます。電車といえどもローカル線ですので、時間には苦労されているのですが、先日あるテレビで放送された、駅舎で散髪屋を営んでおられるご夫婦の話。その方をご存じだったらしく、電車を待つ間の話を楽しげに聞かせていただきました。そのまま、ここのローカル線の話となり、廃線の危機を舞鶴や敦賀の住民のある声により、免れてきたんだそうなんです。舞鶴や敦賀は引き揚げ港だったため、関西や関東方面への交通としてなくてはならないものであり、その時、大変苦労された方々の思いを聞き届け、現在も地域住民の大切な鉄道として残っているんだそうです。国鉄の頃は、敦賀から舞鶴を経由して京都まで直通列車が出ていたほどですが、今では舞鶴で乗り換えが必要となっています。何よりも鉄道の旅が好きな私にとっては、子供の頃に乗った列車にもう一度乗りたいものです。車もいいですが、のんびり若狭の景色を楽しみながら来てください。(u)

忙しくても

2016年3月26日

 忙しい一日でした。本日は二組の団体さんと会議、そしてイベントの下打ち合わせ、その合間をぬって依頼のあったチラシ作り、そしてまたその合間をぬって来年度イベントのチラシ校正……。やはり、年度末ってこんなものでしょうか。
 そんななかでも、遠方からお越しの団体のお客様方とお話をしていると、ついつい話に熱がこもり、温度チェックもそこそこに次から次へと迫りくる質問に返答。お客様の帰りがけには、いつもの「すごくいい場所でした。水上先生のお考えの崇高さには、ただただ敬服するばかりです」とのお言葉。そして、そのほかにも「お兄さんが、あまりにもかっこ良かったから、ついつい聞き惚れてしまったわ」とのお言葉までいただきました。
 どんなに忙しくても、来館者との会話はするものです。あたらしい発見や、貴重なご意見(「かっこいい」という:笑)まで、様々な知見に巡り合うことができます。そして、それもまた文庫の魅力の一つでしょうか。(S)

ユキヤナギ

2016年3月25日

    今日は、強い風が吹き寒かったです。昨夜などは霰が降り窓ガラスがバチバチと音をたてていました。
   
 写真は、くるま椅子劇場の脇に咲いていたユキヤナギを写してきたものです。数えきれないほどの白くて小さな花が咲き乱れ、たいへん綺麗です。雪柳(ゆきやなぎ)と言うのにバラ科の植物だそうです。来館時には探してみて下さい。(T

待ち焦がれ

2016年3月24日

 春休みに入ると文庫も賑やかになっていいものですね。と言っても、お客様で大賑わいというわけではありません。隣の中学校のグラウンド改修がようやく終わり、部活動の掛け声や球音が文庫まで届いてくるようになったんです。こちらからの見晴らしもよくなり、今まで以上に元気な声が届いています。真新しいグランドはさぞかし気持ちのいいことでしょう。
 今日は、車のタイヤ交換はまだ早かったかしらと、時折り落ちてくるあられが恨めしい一日でしたが、勉強場所を文庫の図書室に選んでくれた小さなお客様にほっこり気持ちも緩みました。(u)

書簡を運ぶ

2016年3月23日

 最近、少しだけですけど凝っていることがあります。それは、手紙の封鑑です。これまで、手紙の封字には「〆」をペンで書いておりましたが、先日行った奈良の国立博物館で封字用の印鑑をみつけ、即座に購入。現在、私信などで使用しております。なぜ、こんなメンドクサイものを使っているかというと、この封鑑に刻まれた鳥は「雁」らしいです。ということで使ってます。これは、水上文学ファンには分かっていただけるでしょうか(笑)。
 雁という鳥は、書簡を運ぶ鳥とのこと。何とも面白いものを発見しました。もしかしたら、いずれ皆様の手元にも雁が手紙を運んでくるかもしれませんよ。(S)

よもぎ餅

2016年3月21日

 先日、六角堂スタッフが文庫の敷地で、よもぎ餅に使用するよもぎを摘んでいました。一滴文庫のよもぎ餅は、来館されるお客様から美味しいと評判の一品です。今が旬のよもぎを使って作られています。六角堂(喫茶)から眺める桜はまだパラパラ咲きですが、梅やトサミズキや馬酔木などが花を咲かせ大変綺麗です。そんな景色を見ながら是非、よもぎ餅を食してみて下さい、この上ない至福の一時が楽しめます。一皿2コ入りで220円です。(T

2016年3月20日

 文庫にもいよいよ春到来です。ソメイヨシノが咲き始めたのです。昨年、樹形を整えた杏などは花の付きは少ないですが、ピンクや黄色の花がが咲き始めると、周囲もパッと明るくなります。お客様の話し声も楽しげに聞こえます。
 隣の桜の開花につられてか、コブシも咲き始めています。佐分利の谷もまもなくコブシで彩られることでしょう。