忙しそうな六角堂の傍らで

2016年2月20日

 本日、雨の中に実施された第3回クロッキー教室(鉛筆でクロッキーをしよう!)、無事終了しました。しかし、これまでの2回と打って変わって会場は水をうった静けさ……? 前回までは、会場から聞こえてくるのは笑い声ばかりだったのに、本日はストップウォッチの音と、その後のフッーっと息を吐く声ばかりです。前回までの人物描写とは異なり、今回と次回は静物描写。対象が異なると、こんなにも違うものか、はたまた生徒の皆さんの意気込みが違うのか、なんとも難しい状況です。
 と、一方の私はというと、本日届いた私宛の手紙を読みながら、記憶が昨年の帰雁忌ごろを彷徨っているしまつ。忙しそうにバタバタと動きまわっている六角堂の人たちとは対照的に過去と現在を行ったり来たり、なんとも優雅な一時を過ごさせていただきました(笑)。