2月2016

クロッキー

2016年2月29日

    空は真っ暗で時々小雨が降り寒かったです。
   
一昨日27日に、くるま椅子劇場でクロッキー教室(静物)を行いました。前回参加された方や昨年行ったクロッキー教室に参加された方なども来てくださり、賑いました。毎回「静物」を描く時は何を描いてもらおうか悩むのですが、今回は自宅の台所にあったキャベツ、ピーマン、玉ねぎ、ミカン、ゆず、カボチャ等と文庫の庭木の一輪挿しをモチーフにして描いてもらいました。いつも思うのですが静物は人物に比べて、難しいなあと思います。動かず形の変わらないものは誤魔化しがきかないからです。大きさ、形、配置が正確であればあるほど絵は似てきます。私のような曖昧な人間は、なかなか画面の中に静物が納まらず大変です。私自身もっと精進せねばと描いていて思いました。写真は終了後、皆さんと作品の講評を行っているところです。 今回のクロッキー教室は全4回行いましたが、みなさん楽しかった様で、近々また行いたいと思います。その時はまたご参加ください。(T

地方紙って

2016年2月28日

 朝、何気なく新聞を開けてみると、そこには「走る障がい者に声援を」の文字。おっ、これは! と思い読んでみると。やはり中村裕博士の記事でした。この一滴徒然草をお読みの方は、もうご存知だと思いますが、大分県に社会福祉法人太陽の家を創設し、日本パラリンピックの父とも言われるその人です。
 記事は、中村博士の果たしてきた業績の一端から、障がい者スポーツ選手の精神的な素晴らしさまでに言及しております。しかし、小生の頭には?が付きっぱなしです。他の県での記事なら、すごい! で終わりですが、ここは福井県。福井県には、その太陽の家創設を物心両面から支援し、施設の名付け親でもある人がいるのに……、そこには全く触れられず。と、皆様はもうお気づきのことでしょう。そうです、水上勉先生のことです。ん~、このまま書き続けると長くなるので、ここで終わらせますが、せっかくだからそのことにも一言触れてもらいたかったですね。まぁ、紙面の問題もあって、なかなかうまくはいかないでしょうけど。たった一言あるだけで、地方紙の意義(その土地に根差すみたいな)も一歩進むような気がします。まぁ、あくまで個人的な意見ですが。(S)

曲がりなりにも

2016年2月27日

 文庫の白梅もちらほらと咲き始めました。心配していたこの梅も枝いっぱいに花を咲かせています。くねくね曲がった一本の幹ですが、以前は曲がったあたりから反対側にも広がっていたんです。枯れた部分を切っていたら、元気な枝から新芽を出して以前より大きくたくさんの花を咲かせるようになりました。弱ったところを直すのにエネルギーを使うより、新芽を育てる方がはるかに効率的なのでしょう。
 今年は大きな実を結んで、黄金色に輝いてくれるでしょう。(u)

歌声の対価

2016年2月26日

 本日、園内の各所から何やら楽しそうな歌声が響いてきてます。どうやら、歌声の主は小鳥たち。なぜだかわかりませんが、活発なご様子。朝一から夕方近くまで、長い宴席でも開かれていたのでしょうか。こちらとしては、園内に彩りが添えられたようで嬉しいかぎりではありますが……、朝から何度も、落し物の洗い流しをするはめに。活発な歌声が響いてくるということは、その分活発な腸内活動も誘発されるということは、自然の摂理。もちろん、小鳥さんの落し物程度なのでバケツに汲んだ少量の水と、少しふき取るくらいですぐに綺麗になりますから、気持ちの良い歌声の変わりにそれくらい喜んでやらないとバチでも当たりますかね。(S)

常設展示コーナーの入替

2016年2月25日

    本館展示室中2Fの斎藤真一コーナーが、生沢朗の挿絵原画に入替りました。斎藤真一作品の修復のためです。斎藤真一の絵画は大変人気があり、この作品を目的に遠方から来館されるお客様が多々あるほどで一滴文庫の目玉作品の一つです。それに替わって、今度は水上勉作『野の鈴』(講談社発行月刊「婦人倶楽部」)の挿絵原画と掲載誌を展示しました。挿絵は生沢朗が描いています。生沢朗の挿絵が載っている処には付箋が貼ってありますのでお越しの際にはご覧ください。雑誌のカバーを飾る女性は当時の有名女優で、昨日来館された年配の女性たちから「この女優懐かしいわねー」との言葉を聞くことが出来ました。(T

30年という時間の流れ

2016年2月24日

 30年とは、長いものです。
 本日、このような雪の舞い散るなかにも関わらず、多くのお客様に恵まれた一日となりました。そのようななかで、企画展をご覧になられたお客様とお話させていただきますと「ここも30年ですか、長いようであっという間だったのですかね。昔、寄せてもらった時とはだいぶ感じが変わってると思って、企画展を見て30年という時間の流れにビックリしてしまいましたよ。」とのお言葉をいただきました。しかし、建物自体は大きく変わってなかったのでホッとしたとのことでした。よく本館の木材に感心されて、どこの古民家を移築してきましたかと聞かれることがありますが、いえいえ30年前に新築で建てたものですよと答えると、ビックリマークが返ってくることがあります。木材の表面は、職人さんが手斧で一本一本はつって風合いを出しています。建て方も、日本古来の木材の組み方を採用している個所も多くあります。長い時間が経過しても、してなくても、一滴文庫の風合いはどこか懐かしい昔の記憶を呼び起こしてくれるもののようですね。それは、施設の至る所で感じることができるのですが、今回は、企画展にあわせて、施設の造りに注目してもらえると、より楽しんでいただけるかと思います。(S)

これからも

2016年2月22日

 今日は朝から取材が2件。文庫の30年展と施設の取材をということで、文庫自慢の学芸員がテレビ取材に新聞取材に一人奮闘してくれました。こちらがうらやましく思えるぐらいに、豊富な知識を言葉巧みに操っての受け答え。編集に困るんではないか(いらぬ心配ですが)と思うほどでした。取材後、テレビ放送は今日の夕方とのこと。早いなと思っていたら、なんと、今日のニュース番組欄に「一滴文庫30年」の文字が。取材があとなんて初めてですが、いついつ放送ですと言われても、ニュースの欄に載ることなんてことなかったので、なんかうれしい気分です。次は50年、文庫だけは変わらずにいてほしいものです。(u)

クロッキー教室(静物)

2016年2月21日

 パラパラと雨が時々降る肌寒い一日でした。
 
昨日、六角堂(喫茶)でクロッキー教室を行ったのですが、外部から数名の参加者があり、皆さんと絵を描くという和やかな一時を過ごすことが出来ました。今回は画家の渡辺淳先生も参加してくださり、先生を交えた雑談も楽しめたクロッキー会でした。クロッキー(静物)は、物の大きさ、形、配置を正確に描くことが大切で、参加してくださった方々はそのことに注意しながら、熱心に描かれていました。結果、時間内に1人3枚ほど描いたのですが皆さん大変上手でした。最後に渡辺淳先生がしてくれたアドバイスも的確で、参加された方はみなさん納得されていました。2時間ほどのクロッキー教室でしたが内容の充実したものとなりました。
 
次回は227日(土)に「鉛筆でクロッキーをしよう!」(静物)を行います。興味のある方は是非お越し下さい。参加費は無料です。クロッキー帳、鉛筆、消しゴム等を持参されない方は、こちらで販売もしています。お気軽にお越し下さい。(T

忙しそうな六角堂の傍らで

2016年2月20日

 本日、雨の中に実施された第3回クロッキー教室(鉛筆でクロッキーをしよう!)、無事終了しました。しかし、これまでの2回と打って変わって会場は水をうった静けさ……? 前回までは、会場から聞こえてくるのは笑い声ばかりだったのに、本日はストップウォッチの音と、その後のフッーっと息を吐く声ばかりです。前回までの人物描写とは異なり、今回と次回は静物描写。対象が異なると、こんなにも違うものか、はたまた生徒の皆さんの意気込みが違うのか、なんとも難しい状況です。
 と、一方の私はというと、本日届いた私宛の手紙を読みながら、記憶が昨年の帰雁忌ごろを彷徨っているしまつ。忙しそうにバタバタと動きまわっている六角堂の人たちとは対照的に過去と現在を行ったり来たり、なんとも優雅な一時を過ごさせていただきました(笑)。

さお竹

2016年2月19日

 竹も長い年月立ち続けると足元がおぼつかなくなるのでしょうか。今年は雪の重みで何本か土といっしょに根っこから倒れてしまいました。いつものとおり枝を払って捨てる算段をしましたが、真っ直ぐな青竹で捨てるのがもったいないです。もう2、3本、雪のせいにして切ってやろうかなんて、頭の中をふっとよぎりました。生垣やちょっとものを掛けたりするのには手ごろで便利なんですが、そんなことする人はいないでしょうね。切ったのはいいが使いも捨てもせずほったらかしなんてはできない性分ですので。(u)