読書マラソン

2016年1月29日

 やらなければならないことは山の様ですが、現実から逃避するように、小生の机の上には永井荷風の荷風全集が横たわっております。まぁ、お仕事の時間に読書ですって、優雅ですこと……などと言われてしまいそうですが、優雅に読書とはちょっと趣が異なります。ここ数日(いや、もっと前からかな)、来年度のイベントに関連する調べ物として、これまでとは異なる分野の書籍からの引用を目指し、膨大な資料のページを捲っております。
 夏目漱石「野分」、永井荷風「ふらんす物語」、ヘルマンヘッセ「春の嵐」、芥川龍之介「カルメン」、宮沢賢治「セロ弾きゴーシュ」などなど、あげればきりがありません。しかし、もう時間が迫ってきているのも事実! ということで、仕事の合間をみては読書、帰っても読書、夜目が覚めても読書、朝起きても読書、咳をしても独り……いつ果てるともなく、とあるイベントに関する資料をみつけては読書に勤しんでおります。
 と、ここまで書いて何のイベントを実施したいかを書いておりませんが、そこは今しばらくのお楽しみ。これだけの書名と作家名でどんな企画かわかったあなたは一滴通! もしわかった人がおられましたら、こっそりメールしてください。正解、不正解の別は返信させていただきます(笑)。
 ちなみにヒントは、作家の年代と作品のなかに出てくる実在した超有名人たちの職業。ん……このヒントは少し分かりやすすぎましたか。(S)