一滴文庫製材所

2016年1月6日

 今年最初の大仕事は、冬の文庫に一番大切な薪づくりとなりました。薪小屋に積んだままにしておいた庭木の剪定材、据え置きの電気丸のこにかけること3時間あまり、とりあえず、昨年分を片づけることができました。残りは一昨年分、一気に片づけたいのですが中腰は応えます。そのうちそのうちと思いながら今日に至ったわけですが、何事も後回しはよくありませんね。さて、この薪の種類、ウメ、サクラ、モミジ、イチョウ、ヒメシャラ等々、すべて文庫の庭木だったものです。薪に不向きな木もありますが、十分乾燥して焚いてあげましょう。どんな香りがするのか楽しみです。(u)