思い起こせば

2015年12月27日

 今年も1年、文庫のためにたくさんのことをしてきました。床の補強、戸車の交換・調整、雨どいの修繕等々、どれだけ私の手が入ったことか。いっそ文庫の中に店舗を構えようかと思ったほどです。人間は本人が気づかないのに、周囲が気づいても直しようがありませんが、この地で文庫も30年、物言わずとも、毎日見ていれば気づくものです。さて、来年はどこを直してあげようかしら。少し大変だけどまずはあそこから手をつけてみようかなんて、ますます、本業から離れていきそうな気がします。(u)