竹紙漉きの取材

2015年11月19日

       朝から小雨が降り、振るわないお天気の一日でした。
    
先日、雨降る中を地元のローカル番組チャンネルO(オー)が「竹紙漉き」の取材のために、カメラマンと女性リポーターの2人が一滴文庫にやって来ました。写真は竹紙漉き工房で、取材スタッフと竹紙作家の西村さんが撮影の打合せをしているところです。「竹紙漉き」と言っても、ただ漉き枠で「漉く」だけではなく、ここでは「漉く」までの作業工程も体験してもらっています。土から生えてきた節のある竹を文字が書ける竹紙にするまでには、たいへんな手間ひまがかかっています。幾つもの手作業での工程があり、それは臭いし、細かいし、根気がいるし、水は冷たいし…etc。などのゾッとするような嫌なことが付加されます。西村さんは、そんな竹紙づくりの作業工程をリポーターに丁寧に紹介し、そこまでして作る竹紙の魅力を話していました。この「竹紙漉き」の模様は、今日19日と20日にチャンネルO(オー)で放映されます。時間帯は以下です。(T)

 

番組:チャンネルO(オー)(福井県若狭小浜のケーブルテレビ局)
19日:PM5:306:307:3011:30
20日:AM5:306:309:30PM1:003:00
上記時刻から始まる企画コーナーで7分程度紹介されます。ご覧ください。

 

※竹紙漉き体験は毎月第2日曜日午前11時~
 
場所:若州一滴文庫 竹紙漉き工房
 
お申し込み先:若州一滴文庫事務局
 
Tel/Fax Tel0770-77-2445 Fax0770-77-2366