「渡辺淳展~佐分利川~」始まる

2015年8月13日

    平成27年度若州一滴文庫企画展「渡辺淳展~佐分利川~」が12日から始まりました。今回は渡辺先生が描き続けてきた「佐分利川」に焦点をあてた展示です。渡辺先生の生れた川上の村は佐分利川の源になります。川上は周囲を深い山々に囲まれた自然豊かな村です。炭焼きや請負い郵便配達をしながら、山と共に生きてきた渡辺先生の描く絵は、この山河がテーマとなっています。旧大飯町を縦断するように流れる佐分利川は、町の住民にとって毎日眺める親しみのある川で昔から水の恩恵を受けてきました。以前は多くの鮎や鮭が遡上したきれいな流れだったそうです。近年になり河川敷が整備されるまでは、よく堤防が決壊し、何人もの命が犠牲となった暴れ川だったこともよく耳にします。渡辺先生が長年描き続けてきたさまざまな佐分利川を鑑賞してください。(T)

※会期中の9月30日からは展示作品の一部が入替ります。
※渡辺淳ギャラリートーク
 日時: 8月22日(土)13:00~
    10月18日(日)13:00~
 会場:本館 展示室1F