行列と鳴き声

2015年7月10日

   

 暑いです。しかもジメジメっとした暑さです。これはもう夏ですね。少し動くと汗だくです。
 事務室から外の庭園に気を向けてみますと、蝉の鳴き声…そして、蝉の抜け殻(しかも、連続で)。これは暑いはずです。騒がしい蝉の声と抜け殻の行列は、暑さを倍増してくれます。一方、先ほどちょっとした用事があり、本郷(街中?)に一滴カーで下っていくと、そこには小学生の帰宅の行列! 狭い道ですから出来るだけ注意して徐行を心がけていると、小学生から「あっ、一滴文庫や! 一滴文庫が来た!」、「本当や、一滴文庫がこんな所にも来た! 俺この前行ったもんね」、「俺だって前に行ったよ。お前だけじゃねぇよ」などなど、面白い会話が聞こえてきました。こちらの行列と、鳴き声(?)は嬉しいかぎりで大歓迎なんですが、蝉の方はいったい何と言っているのやら…? もしかしたら「あ~暑い、しんどいわぁ、なんでこんなに暑いんやろ。異常気象ちがうん?」みたいな会話でしょうか、もしくは「あっ、土からでてきたらここ一滴文庫じゃん。すっげぇ~おれ文庫で生まれちゃった」「いやいや、それ俺もだし! お前だけじゃねぇよ」みたいな会話(?)も中にはあったりして…。
 おっと、どうやら暑さで小生の頭が若干沸騰してきているようです。(S)

*忘れていました、7月に入りましたので、私文庫に来てまる4年が経過しました。誰かお祝いして下さい(笑)。